3.10.3. ローカルストレージ Operator のないローカルボリュームのプロビジョニング

ローカルボリュームは動的プロビジョニングで作成できません。代わりに、永続ボリュームは、永続ボリューム (PV) をオブジェクト定義に定義して作成できます。このローカルボリュームプロビジョナーは、定義されたリソースで指定されているパスでファイルシステムまたはブロックボリュームデバイスを検索します。

重要

PV の手動プロビジョニングには、PVC の削除時に PV 全体でデータ漏洩が発生するリスクが含まれます。ローカルストレージ Operator は、ローカル PV のプロビジョニング時にデバイスのライフサイクルを自動化するために使用することが推奨されます。

前提条件

  • ローカルディスクが OpenShift Container Platform ノードに割り当てられていること。

手順

  1. PV を定義します。PersistentVolume オブジェクト定義を使用して、example-pv-filesystem.yaml または example-pv-block.yaml などのファイルを作成します。このリソースは、ノードおよびローカルボリュームへのパスを定義する必要があります。

    注記

    同じデバイスに別のストレージクラス名を使用しないでください。同じ名前を使用すると、複数の PV が作成されます。

    example-pv-filesystem.yaml

    apiVersion: v1
    kind: PersistentVolume
    metadata:
      name: example-pv-filesystem
    spec:
      capacity:
        storage: 100Gi
      volumeMode: Filesystem 1
      accessModes:
      - ReadWriteOnce
      persistentVolumeReclaimPolicy: Delete
      storageClassName: local-storage 2
      local:
        path: /dev/xvdf 3
      nodeAffinity:
        required:
          nodeSelectorTerms:
          - matchExpressions:
            - key: kubernetes.io/hostname
              operator: In
              values:
              - example-node

    1
    ボリュームモードのタイプを定義するボリュームモード (Filesystem または Block)。
    2
    PV リソースの作成時に使用するストレージクラスの名前。この PV のセットを一意に特定するストレージクラスを使用にしてください。
    3
    選択するローカルストレージデバイスの一覧を含むパスです。
    注記

    raw ブロックボリューム (volumeMode: block) はファイルシステムでフォーマットされません。このモードは、Pod で実行しているすべてのアプリケーションが raw ブロックデバイスを使用できる場合にのみ使用します。

    example-pv-block.yaml

    apiVersion: v1
    kind: PersistentVolume
    metadata:
      name: example-pv-block
    spec:
      capacity:
        storage: 100Gi
      volumeMode: Block 1
      accessModes:
      - ReadWriteOnce
      persistentVolumeReclaimPolicy: Delete
      storageClassName: local-storage 2
      local:
        path: /dev/xvdf 3
      nodeAffinity:
        required:
          nodeSelectorTerms:
          - matchExpressions:
            - key: kubernetes.io/hostname
              operator: In
              values:
              - example-node

    1
    ボリュームモードのタイプを定義するボリュームモード (Filesystem または Block)。
    2
    PV リソースの作成時に使用するストレージクラスの名前。この PV のセットを一意に特定するストレージクラスを使用するようにしてください。
    3
    選択するローカルストレージデバイスの一覧を含むパスです。
  2. OpenShift Container Platform クラスターに PV リソースを作成します。作成したばかりのファイルを指定します。

    $ oc create -f <example-pv>.yaml
  3. ローカル PV が作成されていることを確認します。

    $ oc get pv

    出力例

    NAME                    CAPACITY   ACCESS MODES   RECLAIM POLICY   STATUS      CLAIM                STORAGECLASS    REASON   AGE
    example-pv-filesystem   100Gi      RWO            Delete           Available                        local-storage            3m47s
    example-pv1             1Gi        RWO            Delete           Bound       local-storage/pvc1   local-storage            12h
    example-pv2             1Gi        RWO            Delete           Bound       local-storage/pvc2   local-storage            12h
    example-pv3             1Gi        RWO            Delete           Bound       local-storage/pvc3   local-storage            12h