5.4. デフォルト StorageClass の変更

AWS を使用している場合は、以下のプロセスを使用してデフォルトの StorageClass を変更します。このプロセスでは、gp2standard の 2 つの StorageClass が定義されており、デフォルトの StorageClass を gp2 から standard に変更する必要がある場合を想定しています。

  1. StorageClass の一覧を表示します。

    $ oc get storageclass

    出力例

    NAME                 TYPE
    gp2 (default)        kubernetes.io/aws-ebs 1
    standard             kubernetes.io/aws-ebs

    1
    (default) はデフォルトの StorageClass を示します。
  2. デフォルトの StorageClass のアノテーション storageclass.kubernetes.io/is-default-class の値を false に変更します。

    $ oc patch storageclass gp2 -p '{"metadata": {"annotations": {"storageclass.kubernetes.io/is-default-class": "false"}}}'
  3. アノテーション storageclass.kubernetes.io/is-default-class=true を追加するか、このアノテーションを変更して別の StorageClass をデフォルトにします。

    $ oc patch storageclass standard -p '{"metadata": {"annotations": {"storageclass.kubernetes.io/is-default-class": "true"}}}'
  4. 変更内容を確認します。

    $ oc get storageclass

    出力例

    NAME                 TYPE
    gp2                  kubernetes.io/aws-ebs
    standard (default)   kubernetes.io/aws-ebs


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。