1.2. 一時ストレージのタイプ

一時ローカルストレージは常に、プライマリーパーティションで利用できるようになっています。プライマリーパーティションを作成する基本的な方法には、Root、ランタイム の 2 つがあります。

Root

このパーティションでは、kubelet の root ディレクトリー /var/lib/kubelet/ (デフォルト) と /var/log/ ディレクトリーを保持します。このパーティションは、ユーザーの Pod、OS、Kubernetes システムのデーモン間で共有できます。Pod は、EmptyDir ボリューム、コンテナーログ、イメージ階層、コンテナーの書き込み可能な階層を使用して、このパーティションを使用できます。Kubelet はこのパーティションの共有アクセスおよび分離を管理します。このパーティションは一時的なもので、アプリケーションは、このパーティションからディスク IOPS などのパフォーマンス SLA は期待できません。

ランタイム

これは、ランタイムがオーバーレイファイルシステムに使用可能なオプションのパーティションです。OpenShift Container Platform は、このパーティションの分離および共有アクセスを特定して提供します。ここでは、コンテナーイメージの階層と書き込み可能な階層が含まれます。ランタイムパーティションが存在する場合は、root パーティションにはイメージ階層もその他の書き込み可能階層も含まれません。