4.6.3. OpenStack Manila CSI ドライバーのインストール

OpenStack Manila Container Storage Interface (CSI) ドライバーは、OpenStack Manila 共有を作成し、マウントできるカスタムリソース (CR) です。これは、スナップショットの作成およびスナップショットからの共有のリカバリーもサポートします。

このドライバーは、デフォルトでは OpenShift Container Platform にインストールされず、Manila CSI ドライバー Operator のインストール後にインストールする必要があります。

前提条件

  • Manila CSI ドライバー Operator がインストールされている。
  • OpenShift Container Platform Web コンソールまたはコマンドラインインターフェース (CLI) へのアクセス。

UI の手順

Web コンソールから Manila CSI ドライバーをインストールするには、以下の手順を実行します。

  1. OpenShift Container Platform Web コンソールにログインします。
  2. OperatorsInstalled Operators に移動します。
  3. 一覧から Manila CSI Driver Operator を見つけ、Operator リンクをクリックします。
  4. ドライバーを作成します。

    1. Details タブで、Create Instance をクリックします。
    2. オプション: YAML view を選択し、表記の追加などの変更を ManilaDriver オブジェクトテンプレートに対して実行します。
    3. Create をクリックして確定します。

      重要

      クラスターの名前を変更し、特定の namespace を指定することはサポートされる機能ではありません。

CLI の手順

CLI から Manila CSI ドライバーをインストールするには、以下の手順を実行します。

  1. maniladriver.yaml などのオブジェクト YAML ファイルを作成して、ManilaDriver を定義します。

    maniladriver の例

      apiVersion: csi.openshift.io/v1alpha1
      kind: ManilaDriver
      metadata:
        name: cluster 1

    1
    クラスターの名前を変更し、特定の namespace を指定することはサポートされる機能ではありません。
  2. 直前の手順で作成したファイルを指定して、OpenShift Container Platform クラスターに ManilaDriver CR オブジェクトを作成します。

    $ oc create -f maniladriver.yaml

Operator のインストールが終了すると、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) での RWX 永続ボリュームの動的プロビジョニングのために Manila CSI ドライバーが OpenShift Container Platform にデプロイされます。

検証

  1. 以下のコマンドを入力して、ManilaDriver CR が正常に作成されていることを確認します。

    $ oc get all -n openshift-manila-csi-driver

    出力例

    NAME                                                              READY   STATUS    RESTARTS   AGE
    pod/csi-nodeplugin-nfsplugin-lzvpm                                1/1     Running   0          18h
    pod/csi-nodeplugin-nfsplugin-slvg2                                1/1     Running   0          18h
    pod/csi-nodeplugin-nfsplugin-xmps9                                1/1     Running   0          18h
    pod/openstack-manila-csi-controllerplugin-7d4f5d985b-mw4x5        3/3     Running   0          17h
    pod/openstack-manila-csi-nodeplugin-6xchs                         2/2     Running   0          18h
    pod/openstack-manila-csi-nodeplugin-bkcmz                         2/2     Running   0          18h
    pod/openstack-manila-csi-nodeplugin-rlpps                         2/2     Running   0          18h
    
    NAME                                                              DESIRED CURRENT READY UP-TO-DATE AVAILABLE NODE SELECTOR AGE
    daemonset.apps/csi-nodeplugin-nfsplugin                           3       3       3     3          3                       18h
    daemonset.apps/openstack-manila-csi-nodeplugin                    3       3       3     3          3                       18h
    
    NAME                                                              READY UP-TO-DATE AVAILABLE AGE
    deployment.apps/openstack-manila-csi-controllerplugin             1/1   1          1         18h
    
    NAME                                                              DESIRED CURRENT READY AGE
    replicaset.apps/openstack-manila-csi-controllerplugin-7d4f5d985b  1       1       1     17h

  2. 以下のコマンドを入力して、ストレージクラスが正常に作成されていることを確認します。

    $ oc get storageclasses | grep -E "NAME|csi-manila-"

    出力例

    NAME              PROVISIONER               RECLAIMPOLICY   VOLUMEBINDINGMODE   ALLOWVOLUMEEXPANSION  AGE
    csi-manila-gold   manila.csi.openstack.org  Delete          Immediate           false                 18h