3.11.4. リソースの回収

NFS は OpenShift Container Platform の Recyclable プラグインインターフェースを実装します。回収タスクは、それぞれの永続ボリュームに設定されるポリシーに基づいて自動プロセスによって処理されます。

デフォルトで、PV は Retain に設定されます。

PV への要求が削除され、PV がリリースされると、PV オブジェクトを再利用できません。代わりに、新規の PV が元のボリュームと同じ基本ボリュームの情報を使って作成されます。

たとえば、管理者は nfs1 という名前の PV を作成するとします。

apiVersion: v1
kind: PersistentVolume
metadata:
  name: nfs1
spec:
  capacity:
    storage: 1Mi
  accessModes:
    - ReadWriteMany
  nfs:
    server: 192.168.1.1
    path: "/"

ユーザーは、nfs1 にバインドされる PVC1 を作成します。次にユーザーは PVC1 を削除し、nfs1 への要求を解除します。これにより、nfs1Released になります。管理者が同じ NFS 共有を利用可能にする必要がある場合には、同じ NFS サーバー情報を使って新規 PV を作成する必要があります。 この場合、PV の名前は元の名前とは異なる名前にします。

apiVersion: v1
kind: PersistentVolume
metadata:
  name: nfs2
spec:
  capacity:
    storage: 1Mi
  accessModes:
    - ReadWriteMany
  nfs:
    server: 192.168.1.1
    path: "/"

元の PV を削除して、PV を同じ名前で再作成することは推奨されません。PV のステータスを Released から Available に手動で変更しようとすると、エラーが発生し、データが失われる可能性があります。