Menu Close

4.3. 環境ファイルを使用したアンダークラウドの設定

undercloud.conf ファイルを使用して、アンダークラウドの主要なパラメーターを設定します。heat パラメーターが含まれる環境ファイルを使用して、アンダークラウドの追加設定を行うこともできます。

手順

  1. /home/stack/templates/custom-undercloud-params.yaml という名前で環境ファイルを作成します。
  2. このファイルを編集して、必要な heat パラメーターを追加します。たとえば、特定の OpenStack Platform サービスのデバッグを有効にするには、custom-undercloud-params.yaml ファイルに以下のスニペットを追加します。

    parameter_defaults:
      Debug: True

    完了したら、このファイルを保存します。

  3. undercloud.conf ファイルを編集し、custom_env_files パラメーターまでスクロールします。作成した custom-undercloud-params.yaml 環境ファイルをポイントするようにパラメーターを編集します。

    custom_env_files = /home/stack/templates/custom-undercloud-params.yaml
    注記

    コンマ区切りリストを使用して、複数の環境ファイルを指定することができます。

アンダークラウドの次回インストールまたはアップグレード操作時に、この環境ファイルが director のインストールに追加されます。