Menu Close

11.2. 基本的なオーバークラウドフレーバーの作成

本ガイドの検証ステップは、インストール環境にフレーバーが含まれていることを前提としてます。まだ 1 つのフレーバーも作成していない場合には、以下の手順を実施して、さまざまなストレージおよび処理能力に対応する基本的なデフォルトフレーバーセットを作成してください。

手順

  1. source コマンドで overcloudrc ファイルを読み込みます。

    $ source ~/overcloudrc
  2. openstack flavor create コマンドを実行してフレーバーを作成します。以下のオプションを使用して、各フレーバーのハードウェア要件を指定します。

    --disk
    仮想マシンのボリュームのハードディスク容量を定義します。
    --ram
    仮想マシンに必要な RAM を定義します。
    --vcpus
    仮想マシンの仮想 CPU 数を定義します。
  3. デフォルトのオーバークラウドフレーバー作成の例を以下に示します。

    $ openstack flavor create m1.tiny --ram 512 --disk 0 --vcpus 1
    $ openstack flavor create m1.smaller --ram 1024 --disk 0 --vcpus 1
    $ openstack flavor create m1.small --ram 2048 --disk 10 --vcpus 1
    $ openstack flavor create m1.medium --ram 3072 --disk 10 --vcpus 2
    $ openstack flavor create m1.large --ram 8192 --disk 10 --vcpus 4
    $ openstack flavor create m1.xlarge --ram 8192 --disk 10 --vcpus 8
注記

openstack flavor create コマンドについての詳しい情報は、$ openstack flavor create --help で確認してください。