4.6. IPv6 を使用してベアメタルをプロビジョニングするためのアンダークラウド設定

IPv6 ノードおよびインフラストラクチャーがある場合には、IPv4 ではなく IPv6 を使用するようにアンダークラウドおよびプロビジョニングネットワークを設定することができます。これにより、director は IPv6 ノードに Red Hat OpenStack Platform をプロビジョニングおよびデプロイすることができます。ただし、いくつかの考慮事項があります。

  • デュアルスタック IPv4/6 は利用できません。
  • tempest 検証が正しく動作しない可能性があります。
  • アップグレード時に IPv4 から IPv6 に移行することはできません。

undercloud.conf ファイルを変更して、Red Hat OpenStack Platform で IPv6 プロビジョニングを有効にします。

前提条件

手順

  1. undercloud.conf ファイルを開きます。
  2. IPv6 アドレスモードをステートレスまたはステートフルのいずれかに指定します。

    [DEFAULT]
    ipv6_address_mode = <address_mode>
    ...
    • NIC がサポートするモードに基づいて、<address_mode>dhcpv6-stateless または dhcpv6-stateful に置き換えます。
    注記

    ステートフルアドレスモードを使用する場合、ファームウェア、チェーンローダー、およびオペレーティングシステムは、DHCP サーバーが追跡する ID を生成するために異なるアルゴリズムを使用する場合があります。DHCPv6 は MAC によってアドレスを追跡せず、リクエスターからの ID 値が変更されても、MAC アドレスが同じままである場合、同じアドレスを提供しません。したがって、ステートフル DHCPv6 を使用する場合は、次の手順を実行してネットワークインターフェイスを設定する必要もあります。

  3. ステートフル DHCPv6 を使用するようにアンダークラウドを設定した場合は、ベアメタルノードに使用するネットワークインターフェイスを指定します。

    [DEFAULT]
    ipv6_address_mode = dhcpv6-stateful
    ironic_enabled_network_interfaces = neutron,flat
    ...
  4. ベアメタルノードのデフォルトのネットワークインターフェイスを設定します。

    [DEFAULT]
    ...
    ironic_default_network_interface = neutron
    ...
  5. アンダークラウドがプロビジョニングネットワーク上にルーターを作成するかどうかを指定します。

    [DEFAULT]
    ...
    enable_routed_networks: <true/false>
    ...
    • <true/false>true に置き換えて、ルーティングされたネットワークを有効にし、アンダークラウドがプロビジョニングネットワーク上にルーターを作成しないようにします。true の場合、データセンタールーターはルーターアドバタイズメントを提供する必要があります。
    • <true/false>false に置き換えて、ルーティングされたネットワークを無効にし、プロビジョニングネットワーク上にルーターを作成します。
  6. ローカル IP アドレス、および SSL/TLS を介した director Admin API および Public API エンドポイントの IP アドレスを設定します。

    [DEFAULT]
    ...
    local_ip = <ipv6_address>
    undercloud_admin_host = <ipv6_address>
    undercloud_public_host = <ipv6_address>
    ...
    • <ipv6_address> をアンダークラウドの IPv6 アドレスに置き換えます。
  7. オプション: director がインスタンスの管理に使用するプロビジョニングネットワークを設定します。

    [ctlplane-subnet]
    cidr = <ipv6_address>/<ipv6_prefix>
    ...
    • <ipv6_address> を、デフォルトのプロビジョニングネットワークを使用していないときにインスタンスの管理に使用するネットワークの IPv6 アドレスに置き換えます。
    • <ipv6_prefix> を、デフォルトのプロビジョニングネットワークを使用していないときにインスタンスの管理に使用するネットワークの IP アドレス接頭辞に置き換えます。
  8. プロビジョニングノードの DHCP 割り当て範囲を設定します。

    [ctlplane-subnet]
    cidr = <ipv6_address>/<ipv6_prefix>
    dhcp_start = <ipv6_address_dhcp_start>
    dhcp_end = <ipv6_address_dhcp_end>
    ...
    • <ipv6_address_dhcp_start> を、オーバークラウドノードに使用するネットワーク範囲の開始点の IPv6 アドレスに置き換えます。
    • <ipv6_address_dhcp_end> を、オーバークラウドノードに使用するネットワーク範囲の終わりの IPv6 アドレスに置き換えます。
  9. オプション: トラフィックを External ネットワークに転送するようにゲートウェイを設定します。

    [ctlplane-subnet]
    cidr = <ipv6_address>/<ipv6_prefix>
    dhcp_start = <ipv6_address_dhcp_start>
    dhcp_end = <ipv6_address_dhcp_end>
    gateway = <ipv6_gateway_address>
    ...
    • デフォルトゲートウェイを使用しない場合は、<ipv6_gateway_address> をゲートウェイの IPv6 アドレスに置き換えます。
  10. 検査プロセス中に使用する DHCP 範囲を設定します。

    [ctlplane-subnet]
    cidr = <ipv6_address>/<ipv6_prefix>
    dhcp_start = <ipv6_address_dhcp_start>
    dhcp_end = <ipv6_address_dhcp_end>
    gateway = <ipv6_gateway_address>
    inspection_iprange = <ipv6_address_inspection_start>,<ipv6_address_inspection_end>
    ...
    • <ipv6_address_inspection_start> を、検査プロセス中に使用するネットワーク範囲の開始点の IPv6 アドレスに置き換えます。
    • <ipv6_address_inspection_end> を、検査プロセス中に使用するネットワーク範囲の終わりの IPv6 アドレスに置き換えます。
    注記

    この範囲は、dhcp_startdhcp_end で定義された範囲と重複することはできませんが、同じ IP サブネット内になければなりません。

  11. サブネットの IPv6 ネームサーバーを設定します。

    [ctlplane-subnet]
    cidr = <ipv6_address>/<ipv6_prefix>
    dhcp_start = <ipv6_address_dhcp_start>
    dhcp_end = <ipv6_address_dhcp_end>
    gateway = <ipv6_gateway_address>
    inspection_iprange = <ipv6_address_inspection_start>,<ipv6_address_inspection_end>
    dns_nameservers = <ipv6_dns>
    • <ipv6_dns> をサブネットに固有の DNS ネームサーバーに置き換えます。