Menu Close

20.7. アンダークラウドへの証明書の追加

OpenStack SSL/TLS 証明書をアンダークラウドのトラストバンドルに追加するには、以下の手順を実施します。

手順

  1. 以下のコマンドを実行して、証明書と鍵を統合します。

    $ cat server.crt.pem server.key.pem > undercloud.pem

    このコマンドにより、undercloud.pem ファイルが作成されます。

  2. undercloud.pem ファイルを /etc/pki ディレクトリー内の場所にコピーし、HAProxy が読み取ることができるように必要な SELinux コンテキストを設定します。

    $ sudo mkdir /etc/pki/undercloud-certs
    $ sudo cp ~/undercloud.pem /etc/pki/undercloud-certs/.
    $ sudo semanage fcontext -a -t etc_t "/etc/pki/undercloud-certs(/.*)?"
    $ sudo restorecon -R /etc/pki/undercloud-certs
  3. undercloud.conf ファイルの undercloud_service_certificate オプションに undercloud.pem ファイルの場所を追加します。

    undercloud_service_certificate = /etc/pki/undercloud-certs/undercloud.pem

    generate_service_certificate および certificate_generation_ca パラメーターを設定または有効にしないでください。director は、手動で作成した undercloud.pem 証明書を使用する代わりに、これらのパラメーターを使用して証明書を自動的に生成します。

  4. アンダークラウド内の別のサービスが認証局にアクセスできるように、証明書に署名した認証局をアンダークラウドの信頼済み認証局の一覧に追加します。

    $ sudo cp ca.crt.pem /etc/pki/ca-trust/source/anchors/
    $ sudo update-ca-trust extract

    認証局がアンダークラウドに追加されたことを確認するには、openssl を使用してトラストバンドルを確認します。

    $ openssl crl2pkcs7 -nocrl -certfile /etc/pki/tls/certs/ca-bundle.crt | openssl pkcs7 -print_certs -text | grep <CN of the CA issuer> -A 10 -B 10

    <CN of the CA issuer> を CA の発行者の一般名に置き換えます。このコマンドにより、有効期間を含むメインの証明書の詳細が出力されます。