Menu Close

3.2. アンダークラウドの登録およびサブスクリプションのアタッチ

director をインストールする前に、subscription-manager を実行し、アンダークラウドを登録して有効な Red Hat OpenStack Platform サブスクリプションをアタッチする必要があります。

手順

  1. アンダークラウドに stack ユーザーとしてログインします。
  2. Red Hat コンテンツ配信ネットワークまたは Red Hat Satellite のどちらかにシステムを登録します。たとえば、システムをコンテンツ配信ネットワークに登録するには、以下のコマンドを実行します。要求されたら、カスタマーポータルのユーザー名およびパスワードを入力します。

    [stack@director ~]$ sudo subscription-manager register
  3. Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) director のエンタイトルメントプール ID を検索します。

    [stack@director ~]$ sudo subscription-manager list --available --all --matches="Red Hat OpenStack"
    Subscription Name:   Name of SKU
    Provides:            Red Hat Single Sign-On
                         Red Hat Enterprise Linux Workstation
                         Red Hat CloudForms
                         Red Hat OpenStack
                         Red Hat Software Collections (for RHEL Workstation)
                         Red Hat Virtualization
    SKU:                 SKU-Number
    Contract:            Contract-Number
    Pool ID:             Valid-Pool-Number-123456
    Provides Management: Yes
    Available:           1
    Suggested:           1
    Service Level:       Support-level
    Service Type:        Service-Type
    Subscription Type:   Sub-type
    Ends:                End-date
    System Type:         Physical
  4. Pool ID の値を特定して、Red Hat OpenStack Platform 16.1 のエンタイトルメントをアタッチします。

    [stack@director ~]$ sudo subscription-manager attach --pool=Valid-Pool-Number-123456
  5. アンダークラウドを Red Hat Enterprise Linux 8.2 にロックします。

    $ sudo subscription-manager release --set=8.2