Menu Close

4.5. アンダークラウドへの hieradata の設定

director に Puppet hieradata を設定して、サービスに対して利用可能な undercloud.conf パラメーター以外のカスタム設定を行うことができます。

手順

  1. hieradata オーバーライドファイルを作成します (例: /home/stack/hieradata.yaml)。
  2. カスタマイズした hieradata をファイルに追加します。たとえば、Compute (nova) サービスのパラメーター force_raw_images をデフォルト値の True から False に変更するには、以下のスニペットを追加します。

    nova::compute::force_raw_images: False

    設定するパラメーターに Puppet 実装がない場合には、以下の手段によりパラメーターを設定します。

    nova::config::nova_config:
      DEFAULT/<parameter_name>:
        value: <parameter_value>

    以下は例になります。

    nova::config::nova_config:
      DEFAULT/network_allocate_retries:
        value: 20
      ironic/serial_console_state_timeout:
        value: 15
  3. undercloud.conf ファイルの hieradata_override パラメーターを、新しい /home/stack/hieradata.yaml ファイルのパスに設定します。

    hieradata_override = /home/stack/hieradata.yaml