Menu Close

10.2. 複数のオーバークラウドの管理

デプロイするそれぞれのオーバークラウドでは、同じコア heat テンプレートセット /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates が使用されます。非標準のコアテンプレートセットを使用すると、更新およびアップグレード時に問題が発生する可能性があるので、Red Hat では、これらのテンプレートを変更したり複製したりしないことを推奨します。

その代わりに、複数のオーバークラウドをデプロイまたは維持する際の管理を容易にするため、各クラウドに固有の環境ファイル用ディレクトリーを個別に作成します。各クラウドのデプロイコマンドを実行する際に、コア heat テンプレートと共に個別に作成したクラウド固有の環境ファイルを含めます。たとえば、アンダークラウドおよび 2 つのオーバークラウド用に以下のディレクトリーを作成します。

~stack/undercloud
アンダークラウドに固有の環境ファイルを保管します。
~stack/overcloud-one
最初のオーバークラウドに固有の環境ファイルを保管します。
~stack/overcloud-two
2 番目のオーバークラウドに固有の環境ファイルを保管します。

overcloud-one または overcloud-two をデプロイまたは再デプロイする場合には、--templates オプションでデプロイコマンドにコア heat テンプレートを追加し、続いてクラウド固有の環境ファイルディレクトリーからの追加環境ファイルをすべて指定します。

あるいは、バージョン管理システムにリポジトリーを作成し、デプロイメントごとにブランチを使用します。詳しくは、『オーバークラウドの高度なカスタマイズ』「カスタムのコア Heat テンプレートの使用」セクションを参照してください。

利用可能なオーバークラウドプランの一覧を表示するには、以下のコマンドを使用します。

$ openstack overcloud plan list

現在デプロイされているオーバークラウドの一覧を表示するには、以下のコマンドを使用します。

$ openstack stack list