12.2. USBGuard のインストール

この手順を使用して、USBGuard フレームワークをインストールし、開始します。

手順

  1. usbguard パッケージをインストールします。

    # yum install usbguard
  2. 初期ルールセットを作成します。

    # usbguard generate-policy > /etc/usbguard/rules.conf
  3. usbguard デーモンを起動し、システムの起動時に自動的に起動することを確認します。

    # systemctl enable --now usbguard

検証手順

  1. usbguard サービスが実行していることを確認します。

    # systemctl status usbguard
    ● usbguard.service - USBGuard daemon
       Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/usbguard.service; enabled; vendor preset: disabled)
       Active: active (running) since Thu 2019-11-07 09:44:07 CET; 3min 16s ago
         Docs: man:usbguard-daemon(8)
     Main PID: 6122 (usbguard-daemon)
        Tasks: 3 (limit: 11493)
       Memory: 1.2M
       CGroup: /system.slice/usbguard.service
               └─6122 /usr/sbin/usbguard-daemon -f -s -c /etc/usbguard/usbguard-daemon.conf
    
    Nov 07 09:44:06 localhost.localdomain systemd[1]: Starting USBGuard daemon...
    Nov 07 09:44:07 localhost.localdomain systemd[1]: Started USBGuard daemon.
  2. USBGuard が認識する USB デバイスの一覧を表示します。

    # usbguard list-devices
    4: allow id 1d6b:0002 serial "0000:02:00.0" name "xHCI Host Controller" hash...

関連情報

  • man ページの usbguard(1) および usbguard-daemon.conf(5)

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。