3.5. システム全体の暗号化ポリシーに従わないようにアプリケーションを除外

アプリケーションで使用される暗号化関連の設定をカスタマイズする必要がある場合は、サポートされる暗号スイートとプロトコルをアプリケーションで直接設定することが推奨されます。

/etc/crypto-policies/back-ends ディレクトリーからアプリケーション関連のシンボリックリンクを削除することもできます。カスタマイズした暗号化設定に置き換えることもできます。この設定により、除外されたバックエンドを使用するアプリケーションに対するシステム全体の暗号化ポリシーが使用できなくなります。この修正は、Red Hat ではサポートされていません。

3.5.1. システム全体の暗号化ポリシーを除外する例

wget

wget ネットワークダウンローダーで使用される暗号化設定をカスタマイズするには、--secure-protocol オプションおよび --ciphers オプションを使用します。以下に例を示します。

# wget --secure-protocol=TLSv1_1 --ciphers="SECURE128" https://example.com

詳細は、man ページの wget(1) の HTTPS (SSL/TLS) Options のセクションを参照してください。

curl

curl ツールで使用する暗号を指定するには、--ciphers オプションを使用して、その値に、コロンで区切った暗号化のリストを指定します。以下に例を示します。

# curl https://example.com --ciphers DES-CBC3-SHA:RSA-DES-CBC3-SHA

詳細は、man ページの curl(1) を参照してください。

Firefox

Web ブラウザーの Firefox でシステム全体の暗号化ポリシーをオプトアウトできない場合でも、Firefox の設定エディターで、対応している暗号と TLS バージョンをさらに詳細に制限できます。アドレスバーに about:config と入力し、必要に応じて security.tls.version.min の値を変更します。たとえば、security.tls.version.min1 に設定すると、最低でも TLS 1.0 が必要になり、security.tls.version.min 2 が TLS 1.1 になります。

OpenSSH

OpenSSH サーバーに対するシステム全体の暗号化ポリシーを除外するには、/etc/sysconfig/sshd ファイルの CRYPTO_POLICY= 変数行のコメントを除外します。この変更後、/etc/ssh/sshd_config ファイルの Ciphers セクション、MACs セクション、KexAlgoritms セクション、および GSSAPIKexAlgorithms セクションで指定した値は上書きされません。詳細は、man ページの sshd_config(5) を参照してください。

Libreswan

Libreswan IPsec スイートで IKEv1 プロトコルを使用できるようにするには、/etc/ipsec.conf ファイルの次の行をコメントアウトします。

include /etc/crypto-policies/back-ends/libreswan.config

次に、接続設定に ikev2=never オプションを追加してください。詳細は、man ページの ipsec.conf(5) を参照してください。

関連情報

  • 詳細は、man ページの update-crypto-policies(8) を参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。