Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

3.3. Web コンソールでシステム全体の暗号化ポリシーを設定する

RHEL Web コンソールインターフェイスで、システム全体の暗号化ポリシーとサブポリシーのいずれかを直接設定できます。4 つの事前定義されたシステム全体の暗号化ポリシーに加え、グラフィカルインターフェイスを介して、次のポリシーとサブポリシーの組み合わせを適用することもできます。

DEFAULT:SHA1
SHA-1 アルゴリズムが有効になっている DEFAULT ポリシー。
LEGACY:AD-SUPPORT
Active Directory サービスの相互運用性を向上させる、セキュリティーの低い設定を含む LEGACY ポリシー。
FIPS:OSPP
Common Criteria for Information Technology Security Evaluation 標準の影響を受けて策定された、さらなる制限を含む FIPS ポリシー。

前提条件

手順

  1. Web コンソールにログインします。詳細は、Web コンソールへのログイン を参照してください。
  2. Overview ページの Configuration カードで、Crypto policy の横にある現在のポリシー値をクリックします。

    The web console: Overview

  3. Change crypto policy ダイアログウィンドウで、システムで使用を開始するポリシーをクリックします。

    The web console: Change the system-wide cryptographic policy

  4. Apply and reboot ボタンをクリックします。

検証

  • 再起動後、Web コンソールに再度ログインし、暗号化ポリシー の値が選択したものと一致していることを確認します。あるいは、update-crypto-policies --show コマンドを入力して、現在のシステム全体の暗号化ポリシーをターミナルに表示することもできます。