Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

14.7. USBGuard IPC インターフェイスを使用するユーザーおよびグループの認可

この手順を使用して、特定のユーザーまたはグループが USBGuard のパブリック IPC インターフェイスを使用するように認可します。デフォルトでは、root ユーザーだけがこのインターフェイスを使用できます。

前提条件

  • usbguard サービスがインストールされており、実行している。
  • /etc/usbguard/rules.conf ファイルには、usbguard generate-policy コマンドで生成した初期ルールセットが含まれます。

手順

  1. 任意のテキストエディターで /etc/usbguard/usbguard-daemon.conf ファイルを編集します。

    # vi /etc/usbguard/usbguard-daemon.conf
  2. たとえば、wheel グループの全ユーザーが IPC インターフェイスを使用できるように、ルールがある行を追加して、ファイルを保存します。

    IPCAllowGroups=wheel
  3. usbguard コマンドで、ユーザーまたはグループを追加することもできます。たとえば、次のコマンドを使用すると、joesec ユーザーが Devices セクションおよび Exceptions セクションに完全アクセスできます。さらに、joesec は現行ポリシーのリスト表示および変更を行うことができます。

    # usbguard add-user joesec --devices ALL --policy modify,list --exceptions ALL

    joesec ユーザーに付与されたパーミッションを削除するには、usbguard remove-user joesec コマンドを使用します。

  4. usbguard デーモンを再起動して、変更を適用します。

    # systemctl restart usbguard

関連情報

  • usbguard(1) および usbguard-rules.conf(5) の man ページ