7.3. AIDE データベースの更新

システムの変更 (パッケージの更新、設定ファイルの修正など) を確認してから、基本となる AIDE データベースを更新することが推奨されます。

前提条件

  • AIDE が適切にインストールされ、そのデータベースが初期化されている。「AIDE のインストール」を参照してください。

手順

  1. 基本となる AIDE データベースを更新します。

    # aide --update

    aide --update コマンドは、/var/lib/aide/aide.db.new.gz データベースファイルを作成します。

  2. 整合性チェックで更新したデータベースを使用するには、ファイル名から末尾の .new を削除します。