Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

3.9. システム全体の暗号化ポリシーをカスタマイズして SHA-1 を無効化

SHA-1 ハッシュ関数は本質的に設計面で弱く、暗号解析機能によって攻撃を受けやすいため、RHEL 8 ではデフォルトで SHA-1 を使用していません。ただし、一部のサードパーティーアプリケーション (公開署名など) は SHA-1 を使用します。システムの署名アルゴリズムで SHA-1 の使用を無効にするには、NO-SHA1 ポリシーモジュールを使用できます。

重要

NO-SHA1 ポリシーモジュールが無効にするのは、署名の SHA-1 ハッシュ関数だけでそれ以外は無効になりません。特に、NO-SHA1 モジュールでも、ハッシュベースのメッセージ認証コード (HMAC) とともに SHA-1 を使用できます。HMAC セキュリティープロパティーは、対応するハッシュ関数の衝突耐性に依存しないので、HMAC に SHA-1 を使用している場合に最近の SHA-1 への攻撃による影響は大幅に低くなっています。

特定の鍵交換 (KEX) アルゴリズムの組み合わせ (例: diffie-hellman-group-exchange-sha1) を無効にする必要があるものの、関連する KEX とアルゴリズムの両方を継続して使用する場合は、SSH のシステム全体の暗号化ポリシーをオプトアウトして SSH を直接設定する手順について、SSH で diffie-hellman-group1-sha1 アルゴリズムを無効にする手順 を参照してください。

注記

SHA-1 を無効にするモジュールは、RHEL 8.3 で利用できます。システム全体の暗号化ポリシーのカスタマイズは、RHEL 8.2 から利用できます。

手順

  1. ポリシーの調整を、システム全体の暗号化ポリシーレベル DEFAULT に適用します。

    # update-crypto-policies --set DEFAULT:NO-SHA1
  2. 暗号化設定を実行中のサービスやアプリケーションで有効にするには、システムを再起動します。

    # reboot

関連情報

  • update-crypto-policies(8) man ページの Custom Policies セクション
  • crypto-policies(7) man ページの Crypto Policy Definition Format セクション
  • Red Hat ブログ記事 How to customize crypto policies in RHEL