10.10. augenrules の無効化

augenrules ユーティリティーを無効にするには、以下の手順に従います。これにより、Audit が /etc/audit/audit.rules ファイルで定義されたルールを使用するように切り替えます。

手順

  1. /usr/lib/systemd/system/auditd.service ファイルを /etc/systemd/system/ ディレクトリーにコピーします。

    # cp -f /usr/lib/systemd/system/auditd.service /etc/systemd/system/
  2. 任意のテキストエディターで /etc/systemd/system/auditd.service ファイルを編集します。以下に例を示します。

    # vi /etc/systemd/system/auditd.service
  3. augenrules を含む行をコメントアウトし、auditctl -R コマンドを含む行のコメント設定を解除します。

    #ExecStartPost=-/sbin/augenrules --load
    ExecStartPost=-/sbin/auditctl -R /etc/audit/audit.rules
  4. systemd デーモンを再読み込みして、auditd.service ファイルの変更を取得します。

    # systemctl daemon-reload
  5. auditd サービスを再起動します。

    # service auditd restart

関連情報


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。