10.7. 永続的な Audit ルールの定義

再起動後も持続するように Audit ルールを定義するには、/etc/audit/rules.d/audit.rules ファイルに直接追加するか、/etc/audit/rules.d/ ディレクトリーにあるルールを読み込む augenrules プログラムを使用する必要があります。

auditd サービスを開始すると、/etc/audit/audit.rules ファイルが生成されることに注意してください。/etc/audit/rules.d/ のファイルは、同じ auditctl コマンドライン構文を使用してルールを指定します。ハッシュ記号 (#) に続く空の行とテキストは無視されます。

また、auditctl コマンドは、以下のように -R オプションを使用して指定したファイルからルールを読み込むのに使用することもできます。

# auditctl -R /usr/share/audit/sample-rules/30-stig.rules

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。