Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

11.7. storage RHEL システムロールを使用した LUKS2 暗号化ボリュームの作成

storage ロールを使用し、Ansible Playbook を実行して、LUKS で暗号化されたボリュームを作成および設定できます。

前提条件

  • crypto_policies システムロールで設定するシステムである 1 つ以上の管理対象ノードへのアクセスとパーミッションがある。
  • 管理対象ノードが記載されているインベントリーファイルがある。
  • コントロールノード (このシステムから Red Hat Ansible Core は他のシステムを設定) へのアクセスおよびパーミッション。ansible-core パッケージおよび rhel-system-roles パッケージがコントロールノードにインストールされている。
重要

RHEL 8.0-8.5 では、別の Ansible リポジトリーへのアクセス権を指定されており、Ansible をベースにする自動化用の Ansible Engine 2.9 が含まれています。Ansible Engine には、ansibleansible-playbook などのコマンドラインユーティリティー、dockerpodman などのコネクター、プラグインとモジュールが多く含まれています。Ansible Engine を入手してインストールする方法の詳細は、ナレッジベースのアーティクル記事 How to download and install Red Hat Ansible Engine を参照してください。

RHEL 8.6 および 9.0 では、Ansible Core (ansible-core パッケージとして提供) が導入されました。これには、Ansible コマンドラインユーティリティー、コマンド、およびビルトイン Ansible プラグインのセットが含まれています。RHEL は、AppStream リポジトリーを介してこのパッケージを提供し、サポート範囲は限定的です。詳細については、ナレッジベースの Scope of support for the Ansible Core package included in the RHEL 9 and RHEL 8.6 and later AppStream repositories を参照してください。

手順

  1. 以下の内容を含む新しい playbook.yml ファイルを作成します。

    - hosts: all
      vars:
        storage_volumes:
          - name: barefs
            type: disk
            disks:
             - sdb
            fs_type: xfs
            fs_label: label-name
            mount_point: /mnt/data
            encryption: true
            encryption_password: your-password
      roles:
       - rhel-system-roles.storage

    playbook.yml ファイルに、encryption_keyencryption_cipherencryption_key_size、および encryption_luks バージョンなどの他の暗号化パラメーターを追加することもできます。

  2. オプション: Playbook の構文を確認します。

    # ansible-playbook --syntax-check playbook.yml
  3. インベントリーファイルで Playbook を実行します。

    # ansible-playbook -i inventory.file /path/to/file/playbook.yml

検証

  1. 暗号化ステータスを表示します。

    # cryptsetup status sdb
    
    /dev/mapper/sdb is active and is in use.
    type: LUKS2
    cipher: aes-xts-plain64
    keysize: 512 bits
    key location: keyring
    device: /dev/sdb
    [...]
  2. 作成された LUKS 暗号化ボリュームを確認します。

    # cryptsetup luksDump /dev/sdb
    
    Version:       	2
    Epoch:         	6
    Metadata area: 	16384 [bytes]
    Keyslots area: 	33521664 [bytes]
    UUID:          	a4c6be82-7347-4a91-a8ad-9479b72c9426
    Label:         	(no label)
    Subsystem:     	(no subsystem)
    Flags:       	allow-discards
    
    Data segments:
      0: crypt
    	offset: 33554432 [bytes]
    	length: (whole device)
    	cipher: aes-xts-plain64
    	sector: 4096 [bytes]
    [...]
  3. storage ロールがサポートする playbook.yml ファイル内の cryptsetup パラメーターを表示します。

    # cat ~/playbook.yml
    
        - hosts: all
          vars:
            storage_volumes:
              - name: foo
                type: disk
                disks:
                 - nvme0n1
                fs_type: xfs
                fs_label: label-name
                mount_point: /mnt/data
                encryption: true
                #encryption_password: passwdpasswd
                encryption_key: /home/passwd_key
                encryption_cipher: aes-xts-plain64
                encryption_key_size: 512
                encryption_luks_version: luks2
    
          roles:
           - rhel-system-roles.storage

関連情報