6.8. SCAP Workbench を使用したカスタムプロファイルでシステムのスキャン

scap-workbench パッケージに含まれているSCAP Workbench はグラフィカルユーティリティーで、1 つのローカルシステムまたはリモートシステムで構成スキャンと脆弱性スキャンを実行でき、システムの修復を実行してスキャン評価に基づいてレポートを生成します。SCAP Workbench には、oscap コマンドラインユーティリティーと比較すると機能が制限されていることに注意してください。SCAP Workbench は、データストリームファイルの形式でセキュリティーコンテンツを処理します。

6.8.1. SCAP Workbench を使用したシステムのスキャンおよび修復

選択したセキュリティーポリシーに対してシステムを評価するには、以下の手順に従います。

前提条件

  • scap-workbench パッケージがシステムにインストールされている。

手順

  1. GNOME Classic デスクトップ環境から SCAP Workbench を実行するには、Super キーを押して Activities Overview に入り、scap-workbench と入力して Enter を押します。または、次のコマンドを実行します。

    $ scap-workbench &
  2. 以下のオプションのいずれかを使用してセキュリティーポリシーを選択します。

    • 開始ウィンドウの Load Content ボタン
    • Open content from SCAP Security Guide
    • File メニューの Open Other Content で、XCCDF、SCAP RPM、またはデータストリームファイルの各ファイルを検索します。

      SCAP workbench の起動
  3. Remediate チェックボックスを選択して、システム設定の自動修正を行うことができます。このオプションを有効にすると、SCAP Workbench は、ポリシーにより適用されるセキュリティールールに従ってシステム設定の変更を試みます。このプロセスは、システムスキャン時に失敗した関連チェックを修正する必要があります。

    警告

    修正 オプションが有効な状態でのシステム評価は、慎重に行わないとシステムが機能不全に陥る場合があります。Red Hat は、セキュリティーを強化した修正で加えられた変更を元に戻す自動手段は提供していません。修正は、デフォルト設定の RHEL システムで対応しています。インストール後にシステムが変更した場合は、修正を実行しても、必要なセキュリティープロファイルに準拠しない場合があります。

  4. Scan ボタンをクリックし、選択したプロファイルでシステムをスキャンします。

    SCAP ワークベンチの結果
  5. スキャン結果を XCCDF ファイル、ARF ファイル、または HTML ファイルの形式で保存するには、Save Results コンボボックスをクリックします。HTML Report オプションを選択して、スキャンレポートを、人間が判読できる形式で生成します。XCCDF 形式および ARF (データストリーム) 形式は、追加の自動処理に適しています。3 つのオプションはすべて繰り返し選択できます。
  6. 結果ベースの修復をファイルにエクスポートするには、ポップアップメニューの Generate remediation role を使用します。

6.8.2. SCAP Workbench を使用したセキュリティープロファイルのカスタマイズ

セキュリティープロファイルをカスタマイズするには、特定のルール (パスワードの最小長など) のパラメーターを変更し、別の方法で対象とするルールを削除し、追加のルールを選択して内部ポリシーを実装できます。プロファイルをカスタマイズして新しいルールを定義することはできません。

以下の手順は、プロファイルをカスタマイズ (調整) するための SCAP Workbench の使用を示しています。oscap コマンドラインユーティリティーで使用するために、カスタマイズしたプロファイルを保存することもできます。

前提条件

  • scap-workbench パッケージがシステムにインストールされている。

手順

  1. SCAP Workbench を実行し、Open content from SCAP Security Guide または File メニューの Open Other Content を使用してカスタマイズするプロファイルを選択します。
  2. 選択したセキュリティープロファイルを必要に応じて調整するには、Customize ボタンをクリックします。

    これにより、元のデータストリームファイルを変更せずに、現在選択されているプロファイルを変更できる新しい Customization ウィンドウが開きます。新しいプロファイル ID を選択します。

    新しいプロファイルの ID の選択
  3. ルールが論理グループに編成されたツリー構造または Search フィールドを使用して、変更するルールを見つけます。
  4. ツリー構造のチェックボックスを使用した include ルールまたは exclude ルール、または必要に応じてルールの値を変更します。

    OSPP プロファイルにおけるルールのカスタマイズ
  5. OK ボタンをクリックして変更を確認します。
  6. 変更内容を永続的に保存するには、以下のいずれかのオプションを使用します。

    • File メニューの Save Customization Only を使用して、カスタマイズファイルを別途保存します。
    • File メニュー Save All を選択して、すべてのセキュリティーコンテンツを一度に保存します。

      Into a directory オプションを選択すると、SCAP Workbench はデータストリームファイルとカスタマイズファイルの両方を、指定した場所に保存します。これはバックアップソリューションとして使用できます。

      As RPM オプションを選択すると、SCAP Workbench にデータストリームファイルとカスタマイズファイルを含む RPM パッケージを作成するよう指示できます。これは、リモートでスキャンできないシステムにセキュリティーコンテンツを配布し、さらに処理するためにコンテンツを配信するのに便利です。

注記

SCAP Workbench は、カスタマイズしたプロファイル向けの結果ベースの修正に対応していないため、oscap コマンドラインユーティリティーでエクスポートした修正を使用します。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。