Menu Close

12.2. Camel Karaf アプリケーションの構造

Camel Karaf アプリケーションのディレクトリー構造は以下のようになります。

  ├── pom.xml 1
  ├── README.md
  ├── configuration
  │   └── settings.xml
  └── src
      ├── main
      │   ├── jkube
      │   │   └── deployment.yml 2
      │   ├── java
      │   │   └── org
      │   │       └── example
      │   │           └── fis
      │   └── resources
      │       ├── assembly
      │       │   └── etc
      │       │       └── org.ops4j.pax.logging.cfg 3
      │       └── OSGI-INF
      │           └── blueprint
      │               └── camel-log.xml 4
      └── test
          └── java
              └── org
                  └── example
                      └── fis

このうち、Karaf アプリケーションの開発に重要なファイルは次のとおりです。

1
pom.xml: 追加の依存関係が含まれます。依存関係を pom.xml ファイルに追加できます。たとえば、ロギングの場合は SLF4J を使用できます。
    <dependency>
      <groupId>org.slf4j</groupId>
      <artifactId>slf4j-api</artifactId>
    </dependency>
2
src/main/jkube/deployment.yml: openshift-maven-plugin によって生成されるデフォルトの OpenShift 設定ファイルにマージされる追加設定を提供します。
注記

このファイルは Karaf アプリケーションの一部として使用されませんが、CPU やメモリー使用量などのリソースを制限するためにすべてのクイックスタートで使用されます。

3
org.ops4j.pax.logging.cfg: ログレベルのカスタマイズ方法を示し、デフォルトのログレベルである INFO ではなく、DEBUG を設定します。
4
camel-log.xml: アプリケーションのソースコードが含まれます。