Menu Close

2.5. OpenShift で Fuse アプリケーションを監視するための Prometheus の設定

2.5.1. Prometheus の概要

Prometheus は、Red Hat OpenShift 環境にデプロイされたサービスの監視に使用できる、システムおよびサービスのオープンソースの監視およびアラートツールキットです。Prometheus は、指定の間隔で設定されたサービスからメトリクスを収集および保存します。さらに、ルール式の評価や結果の表示を行い、指定の条件が true になるとアラートをトリガーできます。

重要

Prometheus に対する Red Hat のサポートは、Red Hat 製品ドキュメントに記載されているセットアップと推奨設定に限定されます。

OpenShift サービスを監視するには、エンドポイントを Prometheus 形式に公開するように各サービスを設定する必要があります。このエンドポイントは、メトリクスのリストとメトリクスの現在の値を提供する HTTP インターフェースです。Prometheus は定期的にターゲット定義の各エンドポイントをスクレイピングし、収集したデータをそのデータベースに書き込みます。Prometheus は、現在実行中のセッションだけでなく、長期間にわたってデータを収集します。Prometheus は、データ上でクエリーをグラフィカルに可視化し、実行できるように、データを格納します。

2.5.1.1. Prometheus クエリー

Prometheus Web インターフェースでは、Prometheus Query Language (PromQL) でクエリーを作成して、収集したデータを選択し、集約することができます。

たとえば、以下のクエリーを使用すると、Prometheus が直近の 5 分間に記録したすべての時系列データから、メトリクス名が http_requests_total である値をすべて選択することができます。

http_requests_total[5m]

クエリーの結果をさらに定義または絞り込むには、メトリクスのラベル (key:value ペア) を指定します。たとえば、以下のクエリーを使用すると、Prometheus が直近の 5 分間に記録したすべて時系列データから、メトリクス名が http_requests_total でかつジョブラベルが integration に設定されている値をすべて選択することができます。

http_requests_total{job="integration"}[5m]

2.5.1.2. Prometheus データの表示オプション

Prometheus がクエリーの結果を処理する方法を指定できます。

  • Prometheus データを表データとして Prometheus の式ブラウザーで表示します。
  • Prometheus HTTP API 経由で外部システムで Prometheus データを消費します。
  • Prometheus データをグラフで表示します。

    Prometheus は、収集するデータのデフォルトグラフィカルビューを提供します。Prometheus メトリクスを表示するより堅牢なグラフィカルダッシュボードが必要な場合は、Grafana を選択するのが一般的です。

    注記

    Grafana はコミュニティーがサポートする機能です。Grafana をデプロイして Red Hat の製品を監視する構成は、Red Hat の実稼働環境におけるサービスレベルアグリーメント (SLA) の対象外です。

PromQL 言語を使用して、Prometheus の Alertmanager ツール で通知を設定することもできます。