Menu Close

第4章 管理者でないユーザーでの Fuse on OpenShift のインストール

アプリケーションを作成し、OpenShift にデプロイして Fuse on OpenShift の使用を開始することができます。最初に、Fuse on OpenShift イメージおよびテンプレートをインストールする必要があります。

4.1. 管理者でないユーザーでの Fuse on OpenShift イメージおよびテンプレートのインストール

前提条件

  • OpenShift サーバーへアクセスできる必要があります。CDK による仮想 OpenShift サーバーまたはリモート OpenShift サーバーのいずれかにアクセスできる必要があります。
  • registry.redhat.io で認証を設定している。

詳細は以下を参照してください。

手順

  1. Fuse on OpenShift プロジェクトのビルドおよびデプロイを準備するため、以下のように OpenShift サーバーにログインします。

    oc login -u developer -p developer https://OPENSHIFT_IP_ADDR:8443

    IP アドレスは常に同じではないため、OPENSHIFT_IP_ADDR は OpenShift サーバーの IP アドレスのプレースホルダーになります。この値を実際の IP アドレスに置き換えます。

    注記

    開発者パスワードを持つ開発者ユーザーは、CDK による仮想 OpenShift サーバーで自動作成される標準のアカウントです。リモートサーバーにアクセスする場合は、OpenShift 管理者が提供する URL とクレデンシャルを使用します。

  2. test という名前のプロジェクト namespace を新規作成します。

    oc new-project test

    test プロジェクト namespace がすでに存在する場合は、以下のコマンドを使用して切り替えます。

    oc project test
  3. Fuse on OpenShift イメージストリームをインストールします。

    1. BASEURL 変数はイメージストリームの場所に設定します。

      Fuse 7.10.1 の場合

      BASEURL=https://raw.githubusercontent.com/jboss-fuse/application-templates/application-templates-2.1.0.fuse-sb2-7_10_1-00010-redhat-00001

      Fuse 7.10.0 の場合

      BASEURL=https://raw.githubusercontent.com/jboss-fuse/application-templates/application-templates-2.1.0.fuse-sb2-7_10_0-00015-redhat-00001
    2. イメージストリームをインストールするコマンドを実行します。

      oc create -n test -f ${BASEURL}/fis-image-streams.json

      コマンド出力に、Fuse on OpenShift プロジェクトで使用できるようになった Fuse イメージストリームが表示されます。

  4. クイックスタートテンプレートをインストールします。

    for template in eap-camel-amq-template.json \
     eap-camel-cdi-template.json \
     eap-camel-cxf-jaxrs-template.json \
     eap-camel-cxf-jaxws-template.json \
     karaf-camel-amq-template.json \
     karaf-camel-log-template.json \
     karaf-camel-rest-sql-template.json \
     karaf-cxf-rest-template.json ;
     do
     oc create -n test -f \
     ${BASEURL}/quickstarts/${template}
     done
  5. Spring Boot 2 のクイックスタートテンプレートをインストールします。

    for template in spring-boot-2-camel-amq-template.json \
     spring-boot-2-camel-config-template.json \
     spring-boot-2-camel-drools-template.json \
     spring-boot-2-camel-infinispan-template.json \
     spring-boot-2-camel-rest-3scale-template.json \
     spring-boot-2-camel-rest-sql-template.json \
     spring-boot-2-camel-template.json \
     spring-boot-2-camel-xa-template.json \
     spring-boot-2-camel-xml-template.json \
     spring-boot-2-cxf-jaxrs-template.json \
     spring-boot-2-cxf-jaxws-template.json \
     spring-boot-2-cxf-jaxrs-xml-template.json \
     spring-boot-2-cxf-jaxws-xml-template.json ;
     do oc create -n openshift -f \
     https://raw.githubusercontent.com/jboss-fuse/application-templates/application-templates-2.1.0.fuse-sb2-7_10_0-00015-redhat-00001/quickstarts/${template}
     done
  6. Fuse Console のテンプレートをインストールします。

    oc create -n test -f ${BASEURL}/fis-console-cluster-template.json
    oc create -n test -f ${BASEURL}/fis-console-namespace-template.json
    注記

    Fuse Console のデプロイに関する詳細は、「 OpenShift での Fuse Console の設定 」を参照してください。

  7. (任意手順): インストールされた Fuse on OpenShift イメージおよびテンプレートを表示します。

    oc get template -n test
  8. ブラウザーで OpenShift コンソールに移動します。

    1. https://OPENSHIFT_IP_ADDR:8443 を使用します。OPENSHIFT_IP_ADDR は OpenShift サーバーの実際の IP アドレスに置き換えます。
    2. クレデンシャル (例: ユーザー名 developer とパスワード developer) を使用して OpenShift コンソールにログインします。