Menu Close

第1章 作業を始める前に

リリースノート

本リリースに関する重要な情報は、『Release Notes』を参照してください。

バージョンの互換性とサポート

バージョンの互換性とサポートの詳細は、「Red Hat Fuse でサポートされる構成 」を参照してください。

Windows O/S のサポート

Fuse on OpenShift の開発者ツール (oc クライアントおよび Container Development Kit) は、Windows O/S で完全サポートされます。Linux コマンドライン構文で示された例は、Windows コマンドライン構文にしたがって適切に変更すれば、Windows O/S で動作します。

1.1. Fuse スタンドアロンと Fuse on OpenShift の比較

主な機能の違いは次のとおりです。

  • Fuse on OpenShift のアプリケーションデプロイメントは、1 つのアプリケーションと、Docker イメージ内にパッケージ化された必要なすべてのランタイムコンポーネントで構成されます。アプリケーションはランタイム (実行環境) にデプロイされません。アプリケーションイメージ自体が実行可能なランタイム (実行環境) であり、OpenShift によりデプロイおよび管理されます。
  • 各アプリケーションイメージが完全なランタイム環境であるため、OpenShift 環境でのパッチ適用は Fuse スタンドアロンとは異なります。パッチを適用する場合、アプリケーションイメージが再ビルドされ、OpenShift 内に再デプロイされます。主要の OpenShift 管理機能により、ローリングアップグレードやサイドバイサイドデプロイメントを使用して、アップグレード中にアプリケーションの可用性を維持することが可能になります。
  • Fuse の Fabric によって提供されるプロビジョニングおよびクラスタリング機能は、Kubernetes および OpenShift の同等の機能に置き換えられました。OpenShift は、アプリケーションのデプロイメントおよびスケーリングの一環として、自動的に子コンテナーを個別に作成および設定するため、手作業でこの作業を行う必要はありません。
  • Fabric エンドポイントは OpenShift 環境内で使用されません。代わりに、Kubernetes サービスを使用する必要があります。
  • メッセージングサービスは、OpenShift イメージの A-MQ を使用して作成および管理され、Karaf コンテナー内に直接含まれません。Fuse on OpenShift は、camel-amq コンポーネントの強化バージョンを提供し、Kubernetes を介して OpenShift のメッセージングサービスへのシームレスな接続を可能にします。
  • Karaf を使用して稼働中の Karaf インスタンスをライブ更新しないようにしてください。アプリケーションコンテナーを再起動またはスケールアップすると、更新は維持されません。これは、イミュータブルアーキテクチャーの基本原則であり、OpenShift 内でスケーラビリティーと柔軟性を実現するために必要となります。
  • Red Hat Fuse コンポーネントに直接リンクする Maven 依存関係は Red Hat によってサポートされます。ユーザーが導入したサードパーティー Maven 依存関係はサポートされません。
  • SSH エージェントは Apache Karaf マイクロコンテナーに含まれないため、bin/client コンソールクライアントを使用して接続できません。
  • プロトコル互換性と Fuse on OpenShift アプリケーション内の Camel コンポーネント: HTTP ベースでない通信は、TLS および SNI を使用して、OpenShift 外部から Fuse サービス (Camel コンシューマーエンドポイント) にルーティング可能である必要があります。