Menu Close

2.4. OpenShift 4.x での Fuse Console の設定

OpenShift 4.x では、Fuse Console の設定に、インストール、およびデプロイが必要になります。Fuse Console のインストールおよびデプロイには、以下のオプションがあります。

任意で、「OpenShift 4.x 上の Fuse Console のロールベースアクセス制御」 の説明通りに、Fuse Console のロールベースアクセス制御 (RBAC) をカスタマイズすることができます。

2.4.1. OperatorHub を使用した OpenShift 4.x での Fuse Console のインストールおよびデプロイ

OpenShift 4.x に Fuse Console をインストールするには、OpenShift OperatorHub で提供される Fuse Console Operator を使用します。Fuse Console をデプロイするには、インストールされた Operator のインスタンスを作成します。

前提条件

OpenShift 4.x 上の Fuse Console のロールベースアクセス制御

手順

Fuse Console をインストールおよびデプロイするには、以下を行います。

  1. Web ブラウザーで、cluster admin 権限を持つユーザーとして OpenShift コンソールにログインします。
  2. Operators をクリックした後、OperatorHub をクリックします。
  3. 検索フィールドウインドウに Fuse Console と入力し、Operator のリストを絞り込みます。
  4. Fuse Console Operator をクリックします。
  5. Fuse Console Operator インストールウィンドウで Install をクリックします。

    Create Operator Subscription フォームが表示されます。

    • Update Channel には 7.10.x を選択します。
    • Installation Mode では、デフォルト (クラスターの特定の namespace) を受け入れます。

      operator のインストール後に Fuse Console をデプロイする場合、クラスター上のすべての namespace でアプリケーションを監視するか、Fuse Console operator がインストールされた namespace のみでアプリケーションを監視するかを選択できる点に注意してください。

    • Installed Namespace には、Fuse Console Operator をインストールする namespace を選択します。
    • Update Approval では、Automatic または Manual を選択し、OpenShift が Fuse Console Operator への更新を処理する方法を設定できます。

      • Automatic (自動) 更新を選択した場合、新しいバージョンの Fuse Console Operator が使用できるようになると、人的な介入なしで OpenShfit Operator Lifecycle Manager (OLM) によって、Fuse Console の稼働中のインスタンスが自動的にアップグレードされます。
      • Manual (手動) 更新を選択した場合、Operator の新しいバージョンが使用できるようになると、OLM によって更新リクエストが作成されます。クラスター管理者は、更新リクエストを手動で承認して、Fuse Console Operator を新しいバージョンに更新する必要があります。
  6. Install をクリックします。

    OpenShift によって、Fuse Console Operator が現在の namespace にインストールされます。

  7. インストールを確認するには、Operators をクリックした後、Installed Operators をクリックします。Operator のリストに Fuse Console が表示されます。
  8. OpenShift Web コンソールで Fuse Console をデプロイするには、以下を行います。

    1. Installed Operators のリストで、Name 列の Fuse Console をクリックします。
    2. Provided APIsOperator Details ページで、Create Instance をクリックします。

      設定のデフォルト値を使用するか、任意でデフォルト値を編集します。

      Fuse Console のパフォーマンスを向上する必要がある場合 (高可用性環境など)、Replicas で Fuse Console に割り当てられた Pod 数を増やすことができます。

      Rbac (ロールベースアクセス制御) では、デフォルトの RBAC 動作をカスタマイズする場合や、Fuse Console Operator をインストールした namespace に ConfigMap ファイルがすでに存在する場合にのみ、config Map フィールドに値を指定します。RBAC の詳細は、「 OpenShift 4.x 上の Fuse Console のロールベースアクセス制御」 を参照してください。

      Nginx の場合は、「Fuse Console Operator インストールのパフォーマンスチューニング 」を参照してください。

    3. Create をクリックします。

      Fuse Console Operator Details ページが開き、デプロイメントの状態が表示されます。

  9. Fuse Console を開くには以下を行います。

    1. namespace デプロイメントの場合: OpenShift Web コンソールで、Fuse Console の operator をインストールしたプロジェクトを開き、Overview を選択します。Project Overview ページで Launcher セクションまで下方向にスクロールし、Fuse Console リンクをクリックします。

      クラスター デプロイメントでは、OpenShift Web コンソールのタイトルバーで、グリッドアイコン ( mf os grid icon ) をクリックします。ポップアップメニューの Red Hat アプリケーション の下にある、Fuse Console の URL リンクをクリックします。

    2. Fuse Console にログインします。

      ブラウザーに Authorize Access ページが表示され、必要なパーミッションが表示されます。

    3. Allow selected permissions をクリックします。

      Fuse Console がブラウザーで開き、アクセス権限のある Fuse アプリケーション Pod が表示されます。

  10. 表示するアプリケーションの Connect をクリックします。

    新しいブラウザーウィンドウが開かれ、Fuse Console にアプリケーションが表示されます。