Menu Close

付録E JVM 環境変数のカスタマイズ

JVM 環境変数を使用して、Fuse on OpenShift イメージのオプションをすべて設定できます。

E.1. OpenJDK 8 でのS2I Java ビルダーイメージの使用

S2I Java ビルダーイメージを使用すると、他のアプリケーションサーバーを使用せずに直接結果を実行できます。この S2I イメージは、フラットなクラスパス (fat jars を含む) を持つマイクロサービスに適しています。

Fuse on OpenShift イメージの使用時に Java オプションを設定できます。JVM オプションでは、JAVA_OPTIONS 環境変数を使用できます。また、アプリケーションに渡される引数には JAVA_ARGS を提供します。