Menu Close

14.4. PersistentVolumeClaims の作成

PersistentVolume はストレージエンドポイントを OpenShift クラスターの名前付きのエンティティーとして公開します。プロジェクトからこのストレージにアクセスするには、PersistentVolume にアクセスできる PersistentVolumeClaims を作成する必要があります。PersistentVolumeClaims は、特定のストレージ容量およびアクセスモードのカスタマイズされたクレームで各プロジェクトに作成されます。

手順

  • 以下の設定例は、pv0001 という名前の PersistentVolume に対して 1 度だけ読み書きアクセスする 1MB のストレージの pvc0001 という名前のクレームを作成します。

    apiVersion: v1
    kind: PersistentVolumeClaim
    metadata:
      name: pvc0001
    spec:
      accessModes:
        - ReadWriteOnce
      resources:
        requests:
          storage: 1Mi