Menu Close

14.5. Pod での永続ボリュームの使用

Pod はボリュームマウントを使用してファイルマウントの場所を定義し、ボリュームを使用して PersistentVolumeClaims 参照を定義します。

手順

  1. ファイルシステムの /usr/share/dataPersistentVolumeClaim pvc0001 をマウントする、コンテナー設定の例を以下のように作成します。

    spec:
      template:
        spec:
          containers:
            - volumeMounts:
              - name: vol0001
                mountPath: /usr/share/data
          volumes:
            - name: vol0001
              persistentVolumeClaim:
                claimName: pvc0001

    アプリケーションによって /usr/share/data ディレクトリーに書き込まれたすべてのデータがコンテナーの再起動後も保持されるようになりました。

  2. この設定を Fuse on OpenShift アプリケーションの src/main/jkube/deployment.yml ファイルに追加し、以下のコマンドを使用して OpenShift リソースを作成します。

    mvn oc:resource-apply
  3. 作成した DeploymentConfiguration にボリュームマウントとボリュームがあることを確認します。

    oc describe deploymentconfig <application-dc-name>

    Fuse on OpenShift クイックスタートでは、<application-dc-name> を Maven プロジェクト名 (例: spring-boot-camel) に置き換えます。