Menu Close

第7章 Spring Boot での Apache Camel アプリケーションの実行

Apache Camel Spring Boot コンポーネントは、自動的に Camel コンテキストを Spring Boot に設定します。Camel コンテキストの自動設定によって、Spring コンテキストで使用できる Camel ルートが自動検出され、プロデューサーテンプレート、コンシューマーテンプレート、タイプコンバーターなどの主な Camel ユーティリティーが Bean として登録されます。Apache Camel コンポーネントには、スターターを使用して Spring Boot アプリケーションを開発できるようにする Spring Boot スターターモジュールが含まれます。

7.1. Camel Spring Boot コンポーネント

Camel Spring Boot アプリケーションはすべてプロジェクトの pom.xml にある dependencyManagement を使用して、依存関係の製品化バージョンを指定する必要があります。これらの依存関係は Red Hat Fuse BOM で定義され、特定バージョンの Red Hat Fuse でサポートされます。BOM からのバージョンをオーバーライドしないようにするため、追加のスターターのバージョン番号を省略することができます。詳細は、「quickstart pom 」を参照してください。

<dependencyManagement>
	<dependencies>
		<dependency>
			<groupId>org.jboss.redhat-fuse</groupId>
			<artifactId>fuse-springboot-bom</artifactId>
			<version>${fuse.version}</version>
			<type>pom</type>
			<scope>import</scope>
		</dependency>
	</dependencies>
</dependencyManagement>

注記

camel-spring-boot jar には spring.factories ファイルが含まれています。このファイルにより、依存関係をクラスパスに追加できるため、Spring Boot によって Camel コンテキストが自動的に設定されます。