Menu Close

付録F JVM のチューニングによる Linux コンテナー内での実行

JVM エルゴノミクス による、ガベッジコレクター、ヒープサイズ、およびランタイムコンパイラーのデフォルト値の設定を許可すると、Linux コンテナー内部で実行している Java プロセスは想定どおりに動作しません。java -jar mypplication-fat.jar などのチューニングパラメーターを使用せずに Java アプリケーションを実行すると、JVM はコンテナーの制限ではなく、ホストの制限を基にして複数のパラメーターを自動的に設定します。

本セクションでは、コンテナーの制限を考慮してデフォルト値が算出されるよう、Linux コンテナー内部で Java アプリケーションをパッケージ化するための情報を提供します。

F.1. JVM のチューニング

現在の Java JVM はコンテナー対応でないため、コンテナーのサイズではなく、物理ホストのサイズを基にしてリソースを割り当てます。たとえば、通常 JVM は最大ヒープサイズを、ホスト上の物理メモリーの 1/4 に設定します。大型のホストマシンでは、この値はコンテナーに定義されたメモリー制限を簡単に越えてしまいます。実行時にコンテナー制限を越えてしまうと、OpenShift はアプリケーションを強制終了します。

この問題に対応するには、Java JVM が制限されたコンテナー内で実行されることを認識でき、かつ最大ヒープサイズが手動で調整されない場合は自動的に調整されることを認識できる、Fuse on OpenShift ベースのイメージを使用します。これにより、アプリケーションを実行する JVM の最大メモリー制限とコア制限を設定できます。Fuse on OpenShift イメージは以下を行うことができます。

  • コンテナーのコアを基にした CICompilerCount の設定。
  • コンテナーメモリー制限が 300MB 未満の場合に C2 JIT コンパイラーを無効にする。
  • コンテナーメモリー制限が 300MB 未満の場合に、コンテナーメモリー制限の 1/4 をデフォルトのヒープサイズに使用する。