6.6. カーネルライブパッチの有効化

カーネルパッチモジュールは RPM パッケージに含まれ、パッチが適用されたカーネルバージョンに固有のものとなります。各 RPM パッケージは、徐々に蓄積されていきます。

以下のサブセクションでは、指定のカーネルに対して、将来のすべての累積パッチの更新を受け取る方法を説明します。

警告

Red Hat は、Red Hat がサポートするシステムに適用されたサードパーティーのライブパッチをサポートしません。

6.6.1. ライブパッチストリームへのサブスクライブ

この手順では、特定のライブパッチパッケージをインストールする方法を説明します。そうすることで、指定のカーネルのライブパッチストリームをサブスクライブし、今後のカーネルに対する累計なライブパッチ更新をすべて受けることができます。

警告

ライブパッチは累積的であるため、特定のカーネルにデプロイされている個々のパッチを選択できません。

前提条件
  • root 権限
手順
  1. 必要に応じて、カーネルバージョンを確認します。

    # uname -r
    3.10.0-1062.el7.x86_64
  2. カーネルのバージョンに一致するライブパッチパッケージを検索します。

    # yum search $(uname -r)
  3. ライブパッチパッケージをインストールします。

    # yum install "kpatch-patch = $(uname -r)"

    上記のコマンドでは、特定カーネルにのみに最新の累積パッチをインストールし、適用します。

    パッケージのバージョンが 1-1 以上であれば、ライブパッチパッケージには、パッチモジュールが含まれます。この場合、ライブパッチパッケージのインストール時に、カーネルにパッチが自動的に適用されます。

    カーネルパッチモジュールは、今後の再起動時に systemd システムおよびサービスマネージャーにより読み込まれる /var/lib/kpatch/ ディレクトリーにもインストールされます。

    注記

    指定のカーネルに利用可能なライブパッチがない場合は、空のライブパッチパッケージがインストールされます。空のライブパッチパッケージには、kpatch_version-kpatch_release 0-0 (例: kpatch-patch-3_10_0-1062-0-0.el7.x86_64.rpm) が含まれます。空の RPM のインストールを行うと、指定のカーネルの将来のすべてのライブパッチにシステムがサブスクライブされます。

  4. 必要に応じて、カーネルがパッチを当てていることを確認します。

    # kpatch list
    Loaded patch modules:
    kpatch_3_10_0_1062_1_1 [enabled]
    
    Installed patch modules:
    kpatch_3_10_0_1062_1_1 (3.10.0-1062.el7.x86_64)
    …​

    この出力は、カーネルパッチモジュールがカーネルに読み込まれていることを示しています。つまり、カーネルは現在、kpatch-patch-3_10_0-1062-1-1.el7.x86_64.rpm パッケージの最新の修正でパッチが当てられています。

関連情報
  • kpatch コマンドラインユーティリティーの詳細は、man ページの kpatch(1) を参照してください。
  • RHEL 7 のソフトウェアパッケージの詳細は、『システム管理者のガイド の関連セクションを参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。