4.3. ファイルの Direct Access (DAX)

「file system dax」または「fs dax」として知られるファイルの Direct Access により、アプリケーションは、デバイスへのアクセスをバッファーするためにページキャッシュを使用することなく、dax 対応のストレージデバイスへのデータの読み取りおよび書き込みが可能となります。

この機能は、ext4 ファイルシステムまたは xfs ファイルシステムを使用する場合に限り利用でき、-o dax でファイルシステムをマウントするか、/etc/fstab のマウントエントリーの options セクションに dax を追加すると有効になります。

コードの実例を含む詳しい情報は、kernel-doc パッケージを参照してください。これは、/usr/share/doc/kernel-doc-<version>/Documentation/filesystems/dax.txt に保存されていて、'<version>' が対応するカーネルバージョン番号になります。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。