6.4. カーネルライブパッチのコンポーネント

カーネルのライブパッチのコンポーネントは、以下のようになります。

カーネルパッチモジュール

  • カーネルライブパッチの配信メカニズム
  • パッチが適用されるカーネル用に構築したカーネルモジュール。
  • パッチモジュールには、カーネルに必要な修正のコードが含まれます。
  • パッチモジュールは、kpatch カーネルサブシステムで登録し、置き換えられるオリジナル機能の情報を提供します。また、置換される機能に一致するポインターも含まれます。カーネルパッチモジュールは RPM として提供されます。
  • 命名規則は、kpatch_<kernel version>_<kpatch version>_<kpatch release> です。名前の「kernel version」の部分の ピリオド および ハイフンアンダースコア に置き換えられています。
kpatch ユーティリティー
パッチモジュールを管理するためのコマンドラインユーティリティー。
kpatch サービス
multiuser.target で必要な systemd サービス。このターゲットは、システムの起動時にカーネルパッチをロードします。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。