6.7. カーネルパッチモジュールの更新

カーネルパッチモジュールが配信され、RPM パッケージを通じて適用されているため、累計のカーネルパッチモジュール更新は、他の RPM パッケージの更新と似ています。

前提条件

手順

  • 現在のカーネルの新しい累積バージョンを更新します。

    # yum update "kpatch-patch = $(uname -r)"

    上記のコマンドは、現在実行中のカーネルに利用可能な更新を自動的にインストールし、適用します。これには、新たにリリースされた累計なライブパッチが含まれます。

  • もしくは、インストールしたすべてのカーネルパッチモジュールを更新します。

    # yum update "kpatch-patch*"
注記

システムが同じカーネルで再起動すると、kpatch.service サービスにより、カーネルが自動的に再適用されます。

関連情報

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。