2.2. カーネルの設定項目の使用方法

カーネルの設定項目を修正するには、以下の 3 つの方法があります。

  1. sysctl コマンドを使用する方法
  2. /etc/sysctl.d/ ディレクトリーで設定ファイルを手動で修正する方法
  3. シェルを経由して、/proc/sys にマウントされた仮想ファイルと相互作用する方法
注記

すべての起動時パラメーターが sysfs サブシステムの制御下にあるわけではありません。いくつかのハードウェア固有のオプションは、カーネルのコマンドライン上に設定する必要がありますが、これらのオプションについては、本ガイドの Kernel Parameters セクションを参照してください。

2.2.1. sysctl コマンドの使用

sysctl コマンドを使用して、カーネルの設定項目を表示、読み取り、および設定します。表示または読み取りの際のカーネルの設定項目のフィルター、そしてカーネルの設定項目の一時的または永続的な設定が可能となります。

  1. 変数の表示

    # sysctl -a
  2. 変数の読み取り

    # sysctl kernel.version
    kernel.version = #1 SMP Fri Jan 19 13:19:54 UTC 2018
  3. 変数の一時的な書き込み

    # sysctl <tunable class>.<tunable>=<value>
  4. 変数の永続的な書き込み

    # sysctl -w <tunable class>.<tunable>=<value> >> /etc/sysctl.conf

2.2.2. /etc/sysctl.d 内のファイルの変更

起動時にデフォルトをオーバーライドするには、手動で /etc/sysctl.d にファイルを追加することも可能です。

  1. /etc/sysctl.d に新しいファイルを作成します。

    # vim /etc/sysctl.d/99-custom.conf
  2. 以下の形式で、設定したい変数を 1 行に 1 つずつ入れていきます。

    <tunable class>.<tunable> = <value> +
    <tunable class>.<tunable> = <value>
  3. ファイルを保存します。
  4. 変更を有効にするためにマシンを再起動するか、
    または
    sysctl -p /etc/sysctl.d/99-custom.conf を実行して再起動せずに変更を適用します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。