Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

5.2. アップグレードへの準備

カーネルをアップグレードする前に、予防的な前準備手順の実行をお薦めします。

まず、問題が発生した場合に備えてシステム用に機能するブートメディアがあることを確認します。ブートローダーで新しいカーネルをブートするように正しく設定されていない場合には、このメディアを使って Red Hat Enterprise Linux をブートすることができます。

USB メディアは多くの場合、ペンドライブサムディスク または キー などと呼ばれるフラッシュデバイスの形式、または、外部接続のハードディスクとして提供されています。このタイプのほとんどすべてが VFAT ファイルシステムとしてフォーマットされています。ただし、ext2ext3ext4 または VFAT としてフォーマットされているメディア上でブート可能な USB メディアを作成することができます。

ディストリビューションのイメージファイル、または最低限ブートメディア (minimal boot media) イメージを USB メディアに転送することができます。デバイスには十分な空き領域があることを確認してください。約 4 GB がディストリビューション DVD イメージ用に必要で、約 700 MB がディストリビューション CD イメージ用に、そして約 10 MB が最低限ブートメディアイメージ用に必要です。

Red Hat Enterprise Linux のインストール DVD、またはインストール CD-ROM#1 からの boot.iso ファイルのコピーと、約 16 MB の空き領域を持つ VFAT ファイルシステムでフォーマットした USB ストレージデバイスが必要になります。

USB ストレージデバイスの使用方法は『How to format a USB key』 および『How to manually mount a USB flash drive in a non-graphical environment solution』を参照してください。

以下の手順では、コピー先のファイルと同じパス名を指定しなければ、USB ストレージデバイス上にある既存のファイルは影響を受けません。USB ブートメディアを作成するには、root ユーザーとして以下のコマンドを実行します。

  1. syslinux パッケージがインストールされていない場合は、これをインストールします。root として yum install syslinux コマンドを実行します。
  2. USB ストレージデバイス上に SYSLINUX ブートローダーをインストールします。

    # syslinux /dev/sdX1

    ここでの sdX はデバイス名です。

  3. boot.iso と USB ストレージデバイス用にマウントポイントを作成します。

    # mkdir /mnt/isoboot /mnt/diskboot
  4. boot.iso をマウントします。

    # mount -o loop boot.iso /mnt/isoboot
  5. USB ストレージデバイスをマウントします。

    # mount /dev/sdX1 /mnt/diskboot
  6. ISOLINUX ファイルを boot.iso から USB ストレージデバイスにコピーします。

    # cp /mnt/isoboot/isolinux/* /mnt/diskboot
  7. boot.iso からの isolinux.cfg ファイルを USB デバイス用の syslinux.cfg ファイルとして使用します。

    # grep -v local /mnt/isoboot/isolinux/isolinux.cfg > /mnt/diskboot/syslinux.cfg
  8. boot.iso と USB ストレージデバイスをアンマウントします。

    # umount /mnt/isoboot /mnt/diskboot
  9. このブートメディアでマシンを再起動して、ブートできることを確認してから他の操作に移ります。

別の方法として、フロッピードライブがあるシステム上でブートディスクを作成するには、mkbootdisk パッケージをインストールして、root として mkbootdisk コマンドを実行します。このパッケージをインストールした後に使用法について確認するには、man mkbootdisk の man ページを参照してください。

どのカーネルがインストールされているかを判定するには、シェルプロンプトでコマンド yum list installed "kernel-*" を実行します。出力では、システムのアーキテクチャーに応じて、以下のパッケージのすべてか、または一部が示されます。 バージョン番号は異なる場合があります。

# yum list installed "kernel-*"
kernel.x86_64                   3.10.0-54.0.1.el7           @rhel7/7.0
kernel-devel.x86_64             3.10.0-54.0.1.el7           @rhel7
kernel-headers.x86_64           3.10.0-54.0.1.el7           @rhel7/7.0

この出力から、カーネルのアップグレード用にダウンロードすべきパッケージを判断します。シングルプロセッサーのシステムでは、必要なパッケージは kernel パッケージのみです。異なるパッケージの説明は、「カーネルパッケージの概要」 を参照してください。