Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第1章 カーネルモジュールの使用

本章では、以下を説明します。

  • カーネルモジュールの概要
  • kmod ユーティリティーを使用して、モジュールとその依存関係を管理する方法
  • モジュールパラメーターを設定して、カーネルモジュールの動作を制御する方法
  • 起動時に、モジュールを読み込む方法
注記

本章で説明するカーネルモジュールのユーティリティーを使用するには、最初に root で以下を実行して、ご使用のシステムに kmod パッケージがインストールされていることを確認します。

# yum install kmod

1.1. カーネルモジュールの概要

Linux カーネルは、モノリシックとして設計されています。しかし、各ユースケースで必要とされる追加またはオプションのモジュールでコンパイルされています。つまり、動的に読み込まれる カーネルモジュール を使用してカーネル機能を拡張することができます。カーネルモジュールは、以下のものを提供できます。

  • 新しいハードウェアへのサポートを強化するデバイスドライバー
  • GFS2NFS などのファイルシステムのサポート

モジュールは、カーネル自体と同様に、その動作をカスタマイズするパラメーターを受けることができます。いずれのパラメーターも、ほとんどの場合に正しく動作します。カーネルモジュールに関連して、ユーザー空間ツールは以下の操作を行うことができます。

  • 実行中のカーネルに現在読み込まれているモジュールの一覧表示
  • 利用できるパラメーターとモジュール固有の情報に対して、利用可能なすべてのモジュールのクエリーを行います。
  • 実行中のカーネルに動的に、または実行中のカーネルからモジュールの読み込みまたはアンロード (削除)。

kmod パッケージにより提供される、このようなユーティリティーの多くは、動作の実行時にモジュールの依存関係を考慮します。そのため、手動で依存関係を追跡する必要はほとんどありません。

最新のシステムでは、必要に応じて、さまざまなメカニズムによりカーネルモジュールが自動的に読み込まれます。ただし、モジュールを手動で読み込むか、削除しないといけない場合もあります。たとえば、どちらのモジュールも基本的な機能は提供できるものの、いずれかのモジュールが好まれる場合か、モジュールが、予期しない動作をしている場合などです。