Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

7.8. サポートしている kdump の設定とダンプ出力先

7.8.1. kdump メモリー要件

kdump でカーネルクラッシュダンプをキャプチャーしてさらに分析ができるように保存するにはシステムメモリーの一部をキャプチャーカーネル用に永続的に予約する必要があります。

コマンドラインでメモリー設定を変更する方法は、「メモリー使用量の設定」 を参照してください。グラフィカルユーザーインターフェースで予約メモリーの設定を変更する方法については、「メモリー使用量の設定」 を参照してください。

表 7.1 では、kernel および kernel-alt パッケージで kdump が自動的に予約されているメモリーをリストします。kdump は自動的に、CPU アーキテクチャーに基づくメモリーと、利用可能な物理メモリーの合計を確保します。

表7.1 kdump によって自動的に予約されているクラッシュメモリーの合計

CPU アーキテクチャー使用可能なメモリークラッシュメモリーは自動的に予約されています

AMD64 および Intel 64 (x86_64)

2 GB 以上

161 MB + 64 MB (1 TB あたり)

64 ビット ARM アーキテクチャー (arm64)

2 GB 以上

512 MB

IBM POWER ppc64/ppc64le

2 GB から 4 GB

384 MB

4 GB から 16 GB

512 MB

16 GB から 64 GB

1 GB

64 GB から 128 GB

2 GB

128 GB 以上

4 GB

IBM Z (s390x)

4 GB 以上

161 MB + 64 MB (1 TB あたり)
[1] 160 MB (RHEL-ALT-7.6)

さまざまな Red Hat Enterprise Linux テクノロジーの機能や制限に関する詳しい情報は、https://access.redhat.com/articles/rhel-limits を参照してください。