Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

1.6. システムランタイム時のカーネルモジュールのアンロード

時折、実行中のカーネルから特定のカーネルモジュールをアンロードする必要性に駆られることがあります。以下の手順では、modprobe コマンドを使用して、現在読み込まれているカーネルから、システムの実行時にカーネルモジュールを見つけてアンロードする方法を説明します。

前提条件

  • root 権限
  • kmod パッケージがインストールされている。

手順

  1. lsmod コマンドを実行して、アンロードするカーネルモジュールを選択します。

    カーネルモジュールに依存関係がある場合は、カーネルモジュールをアンロードする前に、これらをアンロードします。依存関係のあるモジュールを特定する方法は、「現在読み込まれているモジュールの一覧表示」および「カーネルモジュールの依存関係」を参照してください。

  2. 関連するカーネルモジュールをアンロードします。

    # modprobe -r <MODULE_NAME>

    カーネルモジュールの名前を入力する際には、.ko.xz 拡張子は名前の末尾に追加しないでください。カーネルモジュール名には拡張子はありません。ただし、対応するファイルには拡張子があります。

    警告

    実行中のシステムで使用される場合は、カーネルモジュールをアンロードしないでください。これを行うと、システムが不安定になったり、動作しなくなったりすることがあります。

  3. 必要に応じて、関連モジュールがアンロードされたことを確認します。

    $ lsmod | grep <MODULE_NAME>

    モジュールが正常にアンロードされた場合、このコマンドは出力を表示しません。

重要

この手順を終了すると、システムの起動時に自動的に読み込まれるように定義したカーネルモジュールは、システムを再起動してもアンロードされません。この結果を追跡する方法は、「システムの起動時にカーネルモジュールが自動的にロードされないようにする」を参照してください。

関連情報

  • modprobe の詳細は、modprobe(8) の man ページを参照してください。