7.9. kdump に関連する Portal Labs

Portal Labs は簡単な Web アプリケーションで、システム管理者がさまざまなシステムタスクを実施するのに役立ちます。現在、Kdump に焦点を当てているラボが 2 つあります。Kdump Helper および Kernel Oops Analyzer

7.9.1. Kdump ヘルパー

Kdump Helper は、一連の質問および操作で構成され、kdump 設定ファイルの準備を支援します。

Lab のワークフローには、クラスター化された環境およびスタンドアロン環境の両方に関する手順が含まれています。

7.9.2. Kernel Oops Analyzer

Kernel Oops Analyzer ツールを使うと、Oops メッセージを処理して、クラッシュダンプスタックを解析することなく既知のソリューションがあるかどうかを確認することができます。

Kernel Oops Analyzer では makedumpfile からの情報を使用し、クラッシュしたマシンの Oops メッセージとナレッジベースに蓄積された既知の問題を比較します。これにより、予期せぬ障害が発生しても、システム管理者はすばやく既知の問題の可能性を除外して、詳細な解析を依頼するためにサポートチケットを発行することができます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。