第7章 カーネルパラメーターおよび値の表示

7.1. カーネルコマンドラインパラメーター

カーネル引数の別名を持つカーネルコマンドラインパラメーターは、Red Hat Enterprise Linux の動作をカスタマイズするために起動時のみに使用されます。

7.1.1. カーネルコマンドラインパラメーターの設定

本セクションでは、GRUB2 ブートローダーを使用した AMD64 および Intel 64 システムならびに IBM Power Systems サーバー、 そして zipl を使用した IBM System z で、カーネルコマンドラインパラメーターを変更する方法を説明します。

カーネルコマンドラインパラメーターは、boot/grub/grub.cfg 設定ファイルに保存されています。この設定ファイルは、GRUB2 ブートローダーにより生成されます。この設定ファイルは編集しません。このファイルへの変更ができるのは、設定スクリプトのみです。

AMD64 および Intel 64 システムならびに IBM Power Systems ハードウェア向けに、GRUB2 のカーネルコマンドラインパラメーターを変更します 。

  1. vim または Gedit などのプレーンテキストエディターを使って /etc/default/grub 設定ファイルを root として開きます。
  2. このファイル内で、以下のように GRUB_CMDLINE_LINUX で始まるラインを探します。

    GRUB_CMDLINE_LINUX="rd.lvm.lv=rhel/swap crashkernel=auto rd.lvm.lv=rhel/root rhgb quiet"
  3. 必要なカーネルコマンドラインパラメーターの値を変更します。続いて、ファイルを保存してエディターを終了します。
  4. 編集された default ファイルを使用して、GRUB2 設定を再生成します。BIOS ファームウェアを使用しているシステムの場合は次のコマンドを実行します。

    # grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg

    UEFI ファームウェアを使用しているシステムの場合は次のコマンドを実行します。

    # grub2-mkconfig -o /boot/efi/EFI/redhat/grub.cfg

上記の手順を完了するとブートローダーが再設定され、設定ファイルに指定したカーネルコマンドラインパラメーターが、次回の再起動後に適用されます。

BM System z ハードウェア用に zipl のカーネルコマンドラインパラメーターを変更します。

  1. vim または Gedit などのプレーンテキストエディターを使って /etc/zipl.conf 設定ファイルを root として開きます。
  2. このファイル内で parameters= セクションを探し、必要なパラメーターを編集するか、見つからない場合はパラメーターを追加します。続いてファイルを保存し、エディターを終了します。
  3. zipl 設定を再生成します。

    # zipl
    注記

    オプションを何も付けずに zipl コマンドのみを実行すると、デフォルト値が使用されます。使用できるオプションの一覧については zipl(8) の man ページを参照してください。

上記の手順を完了するとブートローダーが再設定され、設定ファイルに指定したカーネルコマンドラインパラメーターが、次回の再起動後に適用されます。

7.1.2. 制御可能なカーネルコマンドラインパラメーター

カーネルコマンドラインパラメーターの全一覧は、https://www.kernel.org/doc/Documentation/admin-guide/kernel-parameters.txt を参照してください。

7.1.2.1. ハードウェア固有のカーネルコマンドラインパラメーター

pci=option[,option…​]

PCI ハードウェアサブシステムの動作を指定

設定効果

earlydump

[X86] カーネルが何らかの変更をする前に PCI 設定領域をダンプします。

off

[X86] PCI バスを調べません。

noaer

[PCIE] PCIEAER カーネルパラメーターが有効な場合、このカーネル起動オプションを使用して PCIE Advanced Error Reporting (AER) の使用を無効にすることができます。

noacpi

[X86] Interrupt Request (IRQ) ルーティングまたは PCI スキャニング用に Advanced Configuration and Power Interface (ACPI) は使用しません。

bfsort

PCI デバイスを幅優先順に並べ替えます。この並べ替えは、古い (⇐ 2.4) カーネルに対応するデバイスの順番となります。

nobfsort

PCI デバイスを幅優先順に並べ替えません。

さらなる PCI オプションは、kernel-doc-<version>.noarch パッケージのディスクドキュメントに文書化されています。ここでは、'<version>' は対応するカーネルバージョンに置き換える必要があります。

acpi=option

Advanced Configuration and Power Interface (ACPI) の動作を指定します。

設定効果

acpi=off

ACPI の無効化

acpi=ht

ACPI の起動テーブル構文解析を使用しますが、ACPI インタープリターは有効にしません
これにより、ハイパースレッディングで 必要ではない 任意の ACPI 機能が無効となります。

acpi=force

ACPI サブシステムの有効化が必要

acpi=strict

ACPI 仕様と完全に準拠していないプラットフォームに対する ACPI 層の耐性を低くします。

acpi_sci=<value>

ACPI SCI の割り込みをセットアップします。ここで <value> は、エッジ、レベル、ハイ、ローのうちの 1 つとなります。

acpi=noirq

IRQ ルーティングに ACPI は使用しません。

acpi=nocmcff

訂正されたエラーの firmware first (FF) モードを無効にします。これにより、ファームウェアが FF フラグを設定したかどうかを確認する HEST CMC エラーソースの構文解析が無効となります。この場合、訂正されたエラー報告が重複する可能性があります。