第2章 sysctl およびカーネルの設定項目の使用

2.1. カーネルの設定項目の概要

カーネルの設定項目を使用することで、Red Hat Enterprise Linux の起動時に、またはシステムを実行中にオンデマンドで動作をカスタマイズできます。ハードウェアのパラメーターによっては、起動時のみに指定され、システムが実行し始めると変更できないものもありますが、ほとんどの場合は必要に応じて変更でき、次の起動に向けてパーマネント設定ができます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。