4.6. Advanced Error Reporting (AER)

AER と、AER で使用できるもの

AER を有効にする適切な方法を説明して、pcie_ports=native パラメーターおよび acpi=nocmcff パラメーターを記載します。使用する環境と、予測される悪影響を説明します。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。