5.5. プロセスの表示と共有

プロセスデザイナーでデザインしたプロセスやアクセスするプロセスは、プロセスデザイナーにアクセスできない人が参照できるように様々な形式で保存することができます。プロセスの保存対応形式は、以下の通りです。
  • ERDF
  • JSON
  • PDF
  • PNG
  • BPMN2
  • SVG

注記

ビジネスプロセスコンソールのユーザーがプロセス図を参照するには、PNG ファイルで保存する必要があります。これは、プロセスデザイナーのウィンドウの一番下にある PNG オプションをクリックすることで可能となります。
プロセスデザイナーのトップメニューにある共有アイコンを選択することでプロセスを共有するためのコードを作成することも可能です。以下の形式が利用可能です。
  • プロセスの画像
  • プロセスの PDF
  • 埋め込みプロセス
プロセスの開発中に プロセスの BPMN2 ソースコードを参照するには、SourceView Source を選択します。