5.6. ドメイン固有サービスノードの定義

プロセスデザイナーはドメイン固有ノードに対応しています。プロセスデザイナーの BPMN2 ステンシルセットにサービスノードを含めるには、JBoss Developer Studio (「JBoss Developer Studio」 参照) または BRMS ユーザーインターフェースからサービスノードの定義をアップロードしてください。

手順5.3 サービスノードの定義

  1. ナビゲーションパネルから、Knowledge BasesCreate NewNew Work Item Definition を選択します。
  2. Name: のダイアログボックスで定義の名前を入力します。
    サービスノードを割り当てるパッケージを選択するか、Create in Global Area を選択して、説明を追加し OK をクリックします。
  3. 必要であればサービスノードを設定します。
    例えば、e-メールサービスノードは Email に、パラメーターは ToFromSubjectBody に、型はすべて文字列に指定することができます。既存のパラメーターを編集して Parameter ボタンを使って新しいパラメーターを追加します。
    作業タスクの必須名を表示するには、表示名を編集します。
    FileSave Changes 選択します。
  4. サービスノードのアイコンをアップロードします。
    Create NewCreate a file を選択します。
    Name のダイアログボックスに名前を入力します。
    ファイルの拡張子の種類を入力します。
    ファイルを作成すべきパッケージを選択して、OK をクリックします。
  5. Choose File をクリックしてローカルファイルシステムから画像を選択して、Upload をクリックします。
  6. アイコンをサービスノードに追加します。
    ナビゲーションパネルからパッケージ名をクリックします。次に WorkItemDefinition タブを展開してワークを選択して、対象のサービスノードの open をクリックします。アイコンについては、PNG と GIF の形式に対応しています。
    このアイコンは、Select Icon to add のドロップダウンメニューから選択できるようになっています。使用するアイコンを選択します。
  7. FileSave Changes をクリックします。
  8. 新しいノードをプロセスに追加するには、プロセスを開きます。
    1. ナビゲーションパネルから Knowledge BasesPackages を選択して、対象のパッケージを選びます。
    2. assets タブのプロセスエリアを展開して、必要とするプロセスの open をクリックします。
  9. 必要であれば、Shape Repository から Service Tasks タブを展開してプロセス上の新しいサービスノードをドラッグします。