2.2. ナレッジベースの作成

ナレッジベースには、セッションの実行が必要のあるプロセス定義すべてを含むか、参照する必要があります。
ナレッジビルダーを使用して必要とされるリソース (例: クラスパスまたはファイルシステム) からプロセスをロードして、このナレッジビルダーから新しいナレッジベースを作成します。以下のコードスニペットは、クラスパスからのリソースを使用して、プロセス定義を 1 つ含むナレッジベースを作成します。
KnowledgeBuilder kbuilder = KnowledgeBuilderFactory.newKnowledgeBuilder();
kbuilder.add(ResourceFactory.newClassPathResource("MyProcess.bpmn"), ResourceType.BPMN2);
KnowledgeBase kbase = kbuilder.newKnowledgeBase();
ResourceFactory には、ファイルシステム、URL、InputStream、Reader からファイルをロードするよく似たメソッドが含まれています。
ナレッジベースはセッション間で共有でき、通常アプリケーション開始時に作成されます。ナレッジベースは動的に変更可能で、プロセスをランタイム時に追加または削除できます。