5.4. 既存プロセスのインポート

5.4.1. 既存の BPMN2 プロセスのインポート

既存の BPMN2 プロセスをデザイナーにインポートするには、プロセスデザイナーのトップメニューにあるインポートアイコンを選択して、Import from BPMN2 を選びます。インポートメニューには、2 つのオプションがあります。
  • Upload an existing file from the local filesystem (ローカルのファイルシステムから既存のファイルをアップロード)
  • Copy and paste the BPMN2 XML directly into the import dialogue box (インポートのダイアログボックスに BMPN2 XML をコピー、貼り付け)
BPMN2 プロセスがすでにインポートされ、プロセスを変更する必要がある場合、プロセスはプロセスデザイナーで編集してください。元のプロセスは上書きされませんので、同じプロセスを 2 回インポートしないようにしてください。
プロセスデザイナーには、プロセスをインポートする際に Data Object、Lane、Group の視覚的なサポートが提供されています。インポートする BPMN2 ファイルに、これらのノードの位置の情報が含まれていない場合、手動で位置情報を追加する必要があります。
(JBoss Developer Studio でデザインしたプロセスをインポートするには、『BRMS スタートガイド』を参照してください)。