Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

1.2. 電源管理の基本

効果的な電源管理は、以下の原則に基づいて行われます。

An idle CPU should only wake up when needed

Red Hat Enterprise Linux 6 以降、カーネルは ティックレス を実行します。これは、以前の定期的なタイマー割り込みがオンデマンド割り込みに置き換えられることを意味します。そのため、新しいタスクが処理のキューに追加されるまで、アイドル状態の CPU はアイドル状態を維持できます。低電力状態にある CPU は、この状態を持続できます。ただし、システムに、不要なタイマーイベントを作成するアプリケーションが存在する場合は、この機能の利点が相殺される可能性があります。ポーリングイベント(ボリュームの変更やマウス移動の確認など)は、このようなイベントの例です。

Red Hat Enterprise Linux 7 には、CPU 使用率に基づいてアプリケーションを識別および監査できるツールが含まれています。詳細は、2章電源管理監査および分析 を参照してください。

Unused hardware and devices should be disabled completely

これは、部分を移動するデバイス(ハードディスクなど)に特に当てはまります。また、一部のアプリケーションでは、使用されていない有効なデバイスが "open" 状態のままにすることがあります。これが発生すると、カーネルは、そのデバイスが使用中であることを想定します。これにより、そのデバイスが省電力状態にならないようにできます。

Low activity should translate to low wattage

ただし、多くの場合は、最新のハードウェアと正しい BIOS 設定により異なります。多くの場合、古いシステムコンポーネントは、Red Hat Enterprise Linux 7 でサポートできる新機能の一部をサポートしていません。システムに最新の公式ファームウェアを使用していること、および BIOS の電源管理またはデバイス設定セクションで電源管理機能が有効になっていることを確認してください。以下のような機能を確認してください。

  • SpeedStep
  • PowerNow!
  • Cool'n'Quiet
  • ACPI (C 状態)
  • Smart
ハードウェアにこれらの機能をサポートしており、BIOS で有効にされている場合、Red Hat Enterprise Linux 7 はデフォルトでそれらを使用します。

Different forms of CPU states and their effects

最新の CPU は、ACPI ( Advanced Configuration and Power Interface )と共に、さまざまな電源状態を提供します。3 つの異なる状態は以下のとおりです。

  • スリープ (C-state)
  • 周波数と電圧 (P-state)
    p-state は、プロセッサーとその電圧操作ポイントの頻度を記述します。どちらも P-state の増加に応じてスケーリングされます。
  • ヒート出力(T-states または thermal state)
可能な限り最小のスリープ状態で実行されている CPU は、最低量のウォットを消費しますが、必要に応じてその状態からウェイクアップするのにかなり時間がかかります。まれに、スリープ状態に切り替わるたびに CPU が即座にウェイクアップしなければならなくなることがあります。この状況は、実質的に永続的に CPU がビジー状態になり、別の状態を使用すると潜在的な省電力の一部が失われます。

A turned off machine uses the least amount of power

実際に電力を節約するための最良の方法の 1 つは、システムをオフにすることです。たとえば、会社は、災害発生時や自宅時にマシンを切り替えるガイドラインを使用して、Green IT 認識に焦点をあてた企業アーキテクトを開発できます。また、複数の物理サーバーを 1 つの大きなサーバーに集約し、Red Hat Enterprise Linux 7 に同梱される仮想化テクノロジーを使用して仮想化することもできます。